HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
インターネット放送で地域からナマの生きた情報を発信!
有限会社ワンステップ 平成18年
企業概要
 当社は、平成4年に総合広告業として設立し、テレビやラジオ等のCM制作や番組制作を行ってきました。平成12年に、「おもしろラジオジャパン」としてインターネットラジオ運営を開始しました。「誰もやっていないことをやろう」という思いで、民放とは違う方法を模索し、インターネットならではの自由な発想で番組制作を行いました。台本は無く、型にはまった番組構成でもなく、地元の方達のナマの声を伝えられるよう工夫していきました。当初は、まだブロードバンド化が進展していないこともあり、音声での情報発信は、聞き手側の対応が難しく苦戦しました。

 しかし、音声配信・動画配信もスムーズになったことから、現在は1日の訪問者数1,500人、毎月の売上約200万円に成長しています。

 地元の企業、商店、観光等幅広い分野で情報発信できることで地域産業の活性化の一助になっています。ビジネスモデルとしては、なかなか利益をあげることは難しいですが、地域の思いを込めた情報発信として、全国的にも認知される存在となってきています。

 最近では、Web2.0の進展もあり、個人中心の情報発信が主流を占めることから、斬新な試みとして注目され、アクセス件数も順調に伸び、意見も多く寄せられています。また、全国で情報化セミナーの講師として、社長自ら呼ばれることが多くなっています。今後は、ノウハウを活かしてフランチャイズ化による新たなる発展を目指しています。
omoraji_top
拡大図

支援内容
 財団法人長野県中小企業振興センターが主催する各種ITセミナー(IT最新動向、ネット販売の運営・管理等)に参加するとともに、同社の「おもしろラジオジャパン」にセミナー内容をインターネットで情報発信し、アクセスアップにつなげています。また、IT技術研究会(情報セキュリティ、オープンソース等)では、地元大学や大手企業の最新技術を学び、同社事業に取り入れています。

 その他、ネット研究塾では、同社社長松林氏を講師として招き、音声及び動画配信方法について実践的な話をして頂き、塾参加企業も実際に「おもしろラジオジャパン」に出演させて頂き、インターネットの情報発信の面白さを体験してもらっています。

 このように当振興センター主催のIT関連セミナー・研究会・研究塾等に積極的に参加し、交流の場を有効に活用し、人脈を拡げて新たな事業展開に役立てています。

企業者の声
代表取締役
松林克則氏
 財団法人長野県中小企業振興センターには、多くの企業をご紹介頂いたのはもちろんですが、同振興センターが企画する各種IT関連セミナーに参加し、セミナーの講師としても依頼を頂きました。

 また、同振興センター主催のIT技術研究会にも出席し、セキュリティ等多くのことを学ぶとともに、人脈も拡げられることが大きな財産になりました。新事業展開へのステップを踏むにあたり、技術的な助言はもちろんですが、報道機関にも積極的にPRして頂く等、いろいろと励まして頂いています。

担当者の声
 同社は、新しい事業に早くから挑戦しています。いいものを素直に伝えたいという思いが伝わってきます。そして、お客様に喜んで頂けることをモットーに運営されています。やっていることが新しいこともあり、多くの夢をもって運営されています。Web2.0に向け、更なる飛躍を期待しています。

企業基本データ
代表 代表取締役 松林克則
住所 長野県長野市神楽橋11-10 A−201
電話 026-259-7595
e-mail one-step@janis.or.jp
URL http://www.omoraji.com/
従業員 3名
業種 映像情報制作・配給業
主要製品 テレビ・ラジオのCM・番組制作