HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
シンプルで安全な駐輪場の設計・製作からメンテナンスまでを一貫して提供
東海技研株式会社 平成18年
企業概要
 当社は、昭和50年9月に精密金属部品加工業として発足し、その後、電子機器製造、システム開発へと業務領域を広めながら、駐車場管理システム等の産業機器の開発、製造を一貫して行う企業となりました。

 社長は「お客様満足度の重視」をモットーに、設立以来蓄積してきた「ものづくり」の技術と地域協力企業とのネットワークを活かしながら、多品種少量の製作依頼に迅速に対応するとともに、自社ブランド品の開発にも力を注ぎ、下請型企業からの脱皮を目指してきました。

 これまでの主要事業は駐車場管理システムの下請製造でしたが、そこで培った設計・製作・営業活動に係る技術と経験を活かした自社製品、駐輪場ゲート装置「サイクルン」の開発・商品化に成功し、それが現在の主力事業となっています。「サイクルン」のゲート装置は、回転ゲートを自転車の前輪で軽く押して開閉する「無動力の構造」なので安全性が高く、整然と迅速に自転車の通行が可能です。また、連動するシステムにより料金徴収も確実に行うことができ、駐輪場管理の無人化・省力化に資するという優れた特徴をもっており、自治体を中心に順調に受注を伸ばしています。

 現在は、民間駐輪場ユーザーの獲得と各ユーザーの実情に合わせた柔軟なシステム開発、更に、全国的な販売とメンテナンス体制の構築に取り組んでいます。
サイクルンゲート
 
自転車の前輪で押しながら入場

支援内容
 財団法人神奈川中小企業センターでは、平成17年度に「サイクルン」をビジネス可能性評価事業で「事業可能性大(A評価)」と認定しました。同センター担当マネージャーは、事業計画書の作成を通じて、商品化戦略と販売戦略の立案、販売計画の作成等に対し多面的にアドバイスを行いました。

 平成18年度は、「レジャー&サービス産業展2006」への出展を助成するとともに、スーパー等の駐輪場システムに対するニーズについて情報を収集・提供する等、民間需要開拓に向けた支援を随時実施しています。

企業者の声
 当初は、「サイクルン」の主力ユーザーである地方自治体へのPR効果を目的にビジネス可能性評価を受けましたが、申込から評価にいたる過程でマネージャーから懇切丁寧な助言を受け、事業計画をブラッシュアップできました。

 専門展示会への出展にも助成頂いたので、事業計画実現に向けて積極的に販路開拓に取り組みたいと思います。

担当者の声
 駐輪場を念頭に開発された安全、安心なシステムは顧客の評価が高く、公共関連施設で高い納入実績をあげています。駐輪問題が社会問題化し、民間企業の関心も高まっているので、現在、同社が進めている民間市場開拓に役立つ情報を提供し、支援したいと思います。

企業基本データ
代表 代表取締役 川久保洋
住所 神奈川県川崎市高津区千年541-4
電話 044-754-0851
e-mail info@tokaigiken.co.jp
URL http://www.tokaigiken.co.jp
従業員 42名
業種 一般機械器具製造業
主要製品 駐車場管理システム機器の製造・販売