HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
ISO認証取得で社内体制の強化を図るマシュマロメーカー
中村化成産業株式会社 平成18年
企業概要
 当社は、株式会社明治屋等を主要取引先として、マシュマロ、各種シロップ等を製造販売している企業です。

 平成15年3月、東京都内の工場敷地が再開発対象用地となったことから、千葉東テクノグリーンパーク(東金市)へ工場を全面移転しました。工場移転に際しては、千葉県の工場移転資金及び財団法人千葉県産業振興センターの設備貸与制度を活用して、設備機械の新規導入を図りました。

 マシュマロ市場は、現在国内大手2社(株式会社明治屋、株式会社エイワ)が独占しています。当社は、株式会社明治屋のマシュマロを独占生産しており、常に品質管理を重視した社内体制を図っていますが、今回、専門家派遣事業を活用して、国際標準規格に応じた品質管理マネジメントシステム(ISO9001認証取得)の構築を図り、社内体制の強化を実施しました。

 株式会社明治屋のマシュマロは、「飽きのこない甘さ」に定評があり、現在6種類(ホワイト、ホワイト(カルシウム入り)、イチゴ、バナナ、コーヒー、ヨーグルト風味)を数え、単に食するだけでなく、菓子材料(甘味材)として活用されるほか、主要成分であるゼラチン=コラーゲンが、美肌や身長を伸ばす働きをテレビの健康番組で取り上げられたことから、売上を伸ばしています。

 現在、売上高の90%以上を株式会社明治屋に依存しており、この一社依存型経営からの脱却と、更なる生産性の向上を目指しています。将来的には、チョコレート剤の医薬品の再生産(創業当時は、駆虫薬や乗り物酔い等の一般医薬品を製造していました)を計画しているところです。
製品群

支援内容
 財団法人千葉県産業振興センターの専門家派遣によるISO9001認証取得に向けた企業体質改善活動に係る指導助言

(1)SWOT分析及び戦略的事業計画書策定
(2)5S及び無駄の無い作業への徹底(働きやすい作業環境づくり)
(3)顧客からのクレーム・ニーズの把握分析(顧客満足度の向上)
(4)組織の見直し、役割・責任分担の明確化(5W1H)
(5)生産・品質管理基礎知識の習得及びコスト意識の向上
(6)品質マネジメントシステム(マニュアル)の構築
(7)PDCAサイクル活動の実践(継続的改善活動)

企業者の声
代表取締役
中村嘉男氏
 以前は、トップダウンによる指示がないと作業が進みませんでしたが、作業の標準化が図れたことで、現在では、社員の自己判断で、作業がスムーズに進んでいます。

 ISOの導入により、新入社員が増加しても、品質管理マネジメントシステムを構築したことで、より作業に打ち解ける社内体制が可能となりました。

担当者の声
 ISOを「看板」として取得している一部の企業では、社員にマネジメントシステムがうまく浸透せず、時間と費用をかけて認証取得したにもかかわらず、かえって重荷となっているという声を耳にします。

 システムの運用管理は経営者を含めた全社員が参画して実践するものですから、その社内体制づくりが最も重要です。

 同社独自のシステム構築を図り、これからも頑張ってください。応援しています。

企業基本データ
代表 代表取締役 中村嘉男
住所 千葉県東金市丘山台1-12-3(千葉東テクノグリーンパーク)
電話 0475-55-8511
e-mail info@nakamura-kasei.co.jp
URL http://www.nakamura-kasei.co.jp
従業員 18名
業種 パン・菓子製造業
主要製品 マシュマロ、パンケーキシロップ、チョコレートシロップ、チョコレート等製造販売