HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
半導体分野等光関連産業の更なる発展に貢献
株式会社ワコム電創 平成18年
企業概要
 平成6年5月に設立された当社は、平成17年12月に旧株式会社ワコム電創の光源事業、光装置事業の全部と株式会社渡辺商行の光源事業、光装置事業にかかわる販売事業(除く海外販売)の営業譲渡により新たにスタートしました。

 拡大基調にある光源事業、光装置事業の両事業ですが、投資ファンドや金融機関がMBOをバックアップすることで、独立した新しい経営体制のなか成長速度を上げています。

 光源事業は、超高圧水銀ランプをはじめとする各種水銀ランプ、またキセノンランプ、特殊照明機器等の製造販売を行っています。特に水銀ランプ(紫外線ランプ)は半導体パターン焼き付け照射装置光源、LCD・PDP・プリント基盤製造用等の露光装置光源として供給しています。

 また、光装置事業では、太陽電池評価装置(ソーラシミュレータ)を主力製品としています。太陽光に近似度が高い検査装置に定評があり、セル検査装置については、国内の主要太陽電池メーカーが当社製のソーラシミュレータを使用しています。もちろん、国内ばかりでなく海外の太陽電池研究機関、メーカーにも出荷しています。

 今後は、化粧品業界、繊維業界、医療業界や紫外線等光関連産業への展開が期待されています。なお、最近では環境マネジメントシステムISO14001の認証取得を目指す等、従来から太陽光発電に関わってきた強みを生かし、更なる環境にやさしい経営にも挑戦しています。
ランプ加工
 
超高圧水銀ランプ
写真一覧

支援内容
 財団法人埼玉県中小企業振興公社は、平成11年、ISO9001認証取得へのキックオフをした同社に対し、当初から研修事業を中心に支援をしてきました。ISO9001の基本的な内容や規格要求事項の解説等を学ぶ入門研修やISO9001内部監査員養成研修等、財団法人埼玉県中小企業振興公社のレギュラー研修を実施しています。

 この他、全社員に対してISO9001にからんで品質管理について更なる理解をしてもらうため、同社の要望により同社工場にて現地研修も行いました。通常の研修は、当公社内の研修室で実施しますが、この現地研修については、企業の個別ニーズに基づいて研修テーマを基にカリキュラムを設定し、希望する日時、場所で研修する「出前研修」によって支援したものです。

 また、平成12年、ISO9001認証取得後、ISO14001の認証取得を目指す同社に対し、研修の他ISO14001に関する教育ビデオソフトの貸出サービスを行っており、手軽な社員教育セミナーとしても活用されています。

企業者の声
代表取締役社長
須藤文雄氏
 当社では、お客様の要求するQCD(品質、コスト、納期)を徹底していますが、こうした「ものづくりの基本」を実践していくには、やはり人材の確保・育成が重要と考えています。ISO認証取得だけでなく豊富な研修メニューを揃えている財団法人埼玉県中小企業振興公社の研修や教育ビデオを利用し、これからも当社の人材教育の一環として有効に活用させて頂きます。

担当者の声
 最近では、更なる技術力向上のため、「産学連携」にも関心を持たれている須藤社長ですが、今後も「産学連携支援センター埼玉(平成18年度から財団法人埼玉県中小企業振興公社で運営)」をはじめとする当公社事業で引き続き、支援させて頂ければ幸いです。

企業基本データ
代表 代表取締役社長 須藤文雄
住所 (本社)東京都中央区日本橋室町四丁目2番16号
(工場)埼玉県深谷市田中568番地
電話 (工場・管理部)048−583−6887
e-mail 光源部 light@wacom-ele.co.jp
光装置部 solar@wacom-ele
URL http://www.wacom-ele.co.jp/
従業員 110名
業種 電気機械器具製造業
主要製品 超高圧水銀ランプ等の光源及びソーラシミュレータ等の光装置