HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
公的な展示・商談会を有効活用して新技術を積極的にPR
株式会社ジュンコーポレイション 平成18年
企業概要
 昭和45年松井田町で個人創業しました。以来プラスチック射出成形製品の製造及び販売を行っています。成形品は、自動車部品から家電、情報通信機器、医療機器等の部品まで幅広く対応しています。

 創業当時より一貫して技術の向上に努め、よりハードルの高い技術に挑戦し、平成9年よりガスインジェクション(AGI成形)を導入し、平成15年には、この「ガスインジェクションにおける製品内壁面を美しく仕上げる技術」が群馬県の1社1技術に認定されました。

 2代目社長の小板橋義和氏は、チャレンジ精神旺盛で、環境に配慮した生分解性プラスチックのAGI成形に積極的に取組み、エア用の三又配管継手の開発に成功、製品化にこぎ着けています。

 平成13年にISO9001を認証取得しました。おかげで、「現場でも作業者同士の溝が埋まり、仕事の流れがスムーズになった」と社長は言っています。「人が宝」と社員を大切に思う社長、その想いを社員が受け、社員全員の意識で改善活動に取り組んでいます。大手も舌を巻くガスインジェクションを武器に、受注を伸ばしています。

 また、社員が一丸となって活動する同社は、平成18年度には経済産業省の「特定ものづくり基盤技術の高度化を図るための特定研究開発」に認定され、更なる飛躍が期待されています。
会社風景「万全の品質保証体制を追求しています」
 
プラスチックマグネット(左)
ガスインジェクション製品(右)

支援内容
 財団法人群馬県産業支援機構では、従来から行ってきた展示会を、平成15年度より製品等に特化した展示会・商談会にバージョンアップしました。新しい技術開発を武器に、取引先の拡大を考えていた同社の要望にちょうどマッチングし、参加を勧めました。展示会とあわせて行われた県内外発注企業との個別商談においても、大手企業よりその高い技術力が評価され商談が成立し、現在も継続して取引を行っています。

 また、平成16年度には、この展示・商談会のみならず、当機構が連携している他県支援機関で実施する展示・商談会に話をつなぎ、積極的に出展・PRするようアドバイスしました。

 こうして着実に出展参加の成果を上げ、販路拡大に結び付けています。受発注斡旋はもとより、当機構主催のIT関連のセミナーへの参加も呼びかけ、社内業務の効率化やホームページにおける効果的な自社技術の情報発信のあり方をアドバイスしています。

企業者の声
代表取締役社長
小板橋義和氏
 中小企業にとって開発した技術をいかに効率よく効果的にPRするかが重要であり、情報発信の場を提供していただいたことに感謝しています。また、一度に多くの大手企業の購買担当者と面識が持てたことは、その後の営業活動に大いに役立っています。

担当者の声
 うまく商談がつながり、とてもうれしく思います。今後も、ガスインジェクションを得意とするプラスチックの射出成形メーカーとして、新たなニーズにも対応し飛躍できるよう支援をして行く所存です。

企業基本データ
代表 代表取締役社長 小板橋義和
住所 群馬県安中市松井田町上増田53-1
電話 027-393-1375
e-mail hiroaki@jun-corporation.com
URL http://www.jun-corporation.com/
従業員 45名
業種 プラスチック製品製造業
主要製品 自動車部品 通信機械部品 医療器部品等