HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
高度な微細加工技術を武器に、さらなる販路拡大にチャレンジ!!
株式会社松金 平成18年
企業概要
 当社は、昭和37年に群馬県富岡市で創業しました。「安心と信頼できる品質を、材料の気持ち、刃物の気持ち、お客様の気持ちで造る」という品質方針は、他社にマネのできない高度な微細加工技術の支えとなり、業界に確固たる地位を築いてきております。

 平成14年にはISO9001:2000を認証取得、同年群馬県から「1社1技術」企業に選定されました。また、平成17年には「中小企業経営革新支援法」に承認される等着々とステップアップし、高精度、高信頼性が要求される音響・映像用電子部品、通信・放送用電子部品、情報通用信電子部品の製造において高いクオリティーを保持しております。

 携帯電話とヘッドホンの接続に使われているのは、通常3極プラグですが、プラグとともに40年以上歩んできた当社社長は、試行錯誤の結果、4極プラグを開発しました。最近ではロジウムメッキを施した「Yラグ端子」の製作も試みており、得意先からも高い信頼を得ております。

 ホームページによる自社技術・製品のPR等、より効果的なITを活用した営業戦略を立て、積極的に展示会へも出展し、多数の企業から引き合いが来ております。

 ものづくり屋に徹した社長の思いは、日頃から金属と向き合うなかで醸成されてきました。今では、金属の加工音や熱による膨張、力による曲がり等を『金属の叫び、怒り、悲しみ』と捉え、金属と向き合いながら、常に製品開発に挑戦し続けております。
製品加工の様子と「4極プラグ」(左)「Yラグ端子」(右)
 
自社技術を駆使した遊び心のある社長の作品

支援内容
 同社の微細加工技術には素晴らしいものがありますが、更なる販路開拓に結びつけるためには課題があります。経営戦略やビジネスプランを固めて販路開拓強化を目指していたので、財団法人群馬県産業支援機構の平成16年度の「自立化塾」で、同社の経営革新計画の作成を支援しました。「自立化塾」では、下請企業からの脱却を目標に、自社の現状把握からマーケティング戦略策定手法、更に計画作成演習等、5日間で計30時間の研修を実施しました。「自立化塾」終了後の平成17年3月には、「中小企業経営革新支援法」の承認を受け、同社では自社開発部品(4極プラグ中心)の製造・販売強化に積極的に取り組んでいます。現在は拡張型5極プラグの製造にもトライし、3年間で15%の付加価値額の増加を目指しています。

 更に、平成17年度は「販路開拓チャレンジ事業」による専門家のアドバイスを行い、販路拡大推進の支援をしました。優れたビジネスプランを評価・ブラッシュアップする「ぐんまビジネスプラザ」にも採択し、実際にビジネスプランを発表する場を提供し、新たな顧客獲得のチャンスを広げるための支援も行いました。

企業者の声
代表取締役
松本初雄氏
「1社1技術」に選定されたのをきっかけに、研修への参加、専門家のアドバイスを受けてのビジネスプランの発表ができました。その結果、「中小企業総合展」等にも出展することもでき、担当者の熱意あるご指導もあり、以前に増して多くの引合いを受け、業績は順調に推移しています。これからも、常にステップアップを目指していきたいと考えています。

担当者の声
 常に製品開発を続けている社長を中心とした当社の事業に対し、新たな販路開拓や事業展開ができるよう、今後も強力な支援をしてまいります。

企業基本データ
代表 代表取締役 松本初雄
住所 群馬県富岡市一ノ宮1660
電話 0274-63-1235
e-mail support@matsukin.net
URL http://www.matsukin.net/
従業員 20名
業種 電子機器用機械部品製造業
主要製品 通信用電子部品、放送・音響用電子部品、医療用電子部品、半導体用部品、精密切削加工部品等