HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
社員一丸となった経営戦略策定により、全社の意識が一本化
株式会社荻野製作所 平成18年
企業概要
 当社は創業60年の歴史を持ち、自動車及び工作機械に使用される重要部品の試作・量産・金属切削加工等を行っています。ここ数年、新工場をはじめ、積極的な設備投資を実施しています。NC旋盤を50台以上、マシニングセンタを10台保有し、小ロット品から量産品まで幅広く対応しています。

 一方、「どこよりも早く新製品の立ち上げをサポートする」というスローガン「OSSS」(Ogino Speed Support System)を掲げ、作業工数を大幅に削減できる省力化機械の自社設計・製作にも力を注いでいます。

 急な受注拡大、コスト削減等に直面した企業に対し、より早く、より安く最適な作業環境を整備するため、当社の技術力が一役買っているのです。そのオーダー製作・販売で培ったノウハウを、自社の作業効率向上に大いに役立てている点も、当社の強みと言えます。

 平成15年には自動化に関する周辺装置の製作技術が認められ、群馬県の「1社1技術」に選定されました。更に、平成18年には「中小企業新事業活動促進法」の承認を受ける等、各方面で評価を受けています。

 今後は需要増が見込まれるハイブリッドカー部品への対応を強化しつつ、これまでの主力事業以外の新分野開拓を積極的に進めていく方針です。「ものづくり集団としてのこだわりに磨きをかけていく」と意気込む荻野社長は、毎日のように現場に顔を出し、時には作業も行います。省力化、低コスト化、高品質化を心掛け、好調時にも受注拡大に余念がありません。
会社外観
 
技術力を活かした切削加工部品

支援内容
 ここ数年、自動車関連等、得意分野に特化した営業戦略が実を結び、今期以降、大幅な受注拡大が見込まれています。しかし、将来を見据えた場合、当面の受注増への対応だけでなく、新規成長分野へのアプローチの検討等、持続性のある経営基盤を確立する必要があります。

 同社では、事業規模が急速な拡大途上にあり、これまでのトップダウンによる管理方式では環境変化への対応が難しくなると予想され、管理能力のある責任者の育成・強化が更なる成長への課題となっておりました。

 そこで、製造現場に知見を有する専門家(中小企業診断士)を派遣し、ターゲット業界の明確化・試作段階からの他社との差別化等をもりこんだ中期経営戦略を策定し、全社員で共有することにしました。また、ライン別での対応等、具体的な戦術展開方法を提案すると同時に、グループ改善活動等を通し、階層別の職務内容の見直しと意識づけを行いました。その結果、ライン責任者をはじめ現場社員から意見・提案が積極的に出されるようになり、今まで経営幹部が行っていた内容の権限委譲が可能となりました。

企業者の声
業務部長:荻野修氏
常務取締役:荻野進氏
 今回の専門家派遣により、大変よい刺激を与えていただきました。今後の経営方針のフレームが確立できたことにより、各リーダーの経営参画意識も高まり、社内の一体感も強まったことに非常に満足しています。これを基盤に一層積極的な営業展開を図ります。

担当者の声
 専門家と社内の各リーダー、現場社員が一体化し、うまく戦術展開方法が見いだせたと思います。それぞれが目標に向かい思いを一つにし、結果がでることは担当者として、とても嬉しい事例です。

企業基本データ
代表 代表取締役 荻野昇
住所 群馬県北群馬郡榛東村大字広馬場字宮室418
電話 0279-54-1011
e-mail ogino-ss@triton.ocn.ne.jp
URL http://www.ogisei.com
従業員 60名
業種 製造業
主要製品 自動車部品及び工作機械部品の金属切削加工