HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
地域密着型中小企業が取り組んだ、異業種新分野進出への取り組み
株式会社アルファテック 平成18年
企業概要
 当社は、平成6年に住宅の増改築や外構工事等を本業として設立した会社です。本業を進める中で、他社との差別化に繋がる光触媒技術に着目し、関連製品分野への進出を開始しました。更に、食品鮮度保持材という異分野技術との出会いから、これを第2の事業の柱として確立すべく、事業化に取り組んでいます。「偶然は準備のない人を助けない(パスツール)」という格言がありますが、当社はこの格言を地で行く事業展開をしています。

 当初、新分野進出は、他社との差別化のための戦略の1つに過ぎませんでした。しかし、住宅改装においては、高気密化・高断熱化と性能アップが求められる一方で、室内の色々な化学物質による室内空気汚染対策も求められるようになってきました。後者の対策として、家電メーカーでは空気清浄器を商品化しましたが、決して完全なものではありませんでした。当社は光触媒技術に着目していましたが、この技術を用いて、当社独自の「室内空気浄化システム」の開発に取り組むことになりました。

 現在、大学との共同研究を推進中です。最初は光触媒のコーティングから始めましたが、現在はノンファン式(静か運転)で、「光触媒技術を応用した空気浄化器(特許取得済)」の開発途上にあります。

 また、食品の鮮度保持資材(シール及びパック形状)の活用も産学連携で進めております。この鮮度保持資材の活用では、栃木特産のイチゴ「とちおとめ」の鮮度保持力を高めて、遠隔地への販路拡大に貢献する事を目指しています。また、鮮度の問題上、日本での生食が難しいとされている台湾産「ライチ」について、当社の鮮度保持資材を提供し、その輸入も試みています。
室内光触媒コーティング
光触媒コーティング剤「A-TECHNO COAT」(ア・テクノコート)を、部屋の壁・天井・カーテンなどにコーティングして、室内空気の浄化をします。
写真一覧
 
外構・エクステリア工事、造園・植栽工事
写真一覧

支援内容
 財団法人栃木県産業振興センターでは、新たな事業展開に向けての研究開発に際し、地元の宇都宮大学、独立行政法人国立高等専門学校機構・小山工業高等専門学校、関東職業能力開発大学校等との「産学連携」を推進すべく、専門分野の研究者を紹介する等、助言をしてきました。また「鮮度保持資材」の販路開拓等では、「販路開拓支援事業」で外部機関を活用した支援を行い、台湾産「ライチ」への資材供給を通じて、試験輸入に寄与することにより、鮮度保持資材の新たな活用に繋がる支援をすることができました。

 現在、同社の望月社長には、新たな事業創出を目的とした「プロジェクト形成支援事業」に採択された「アグリンダストリー」研究会の会長に就任してもらっています。今後の農工連携による新たな事業展開を目指した研究グループの活動をリードして頂いているわけですが、財団法人栃木県産業振興センターでも、当該研究活動の支援を行っています。

企業者の声
 特に食品の鮮度保持分野では、財団法人栃木県産業振興センターの販路開拓支援事業である「市場展開支援事業」を活用させて頂きました。この支援事業は、商社OBの豊かなビジネス経験と人脈から、販路開拓とともにマーケティング展開の支援をする事業で、有益な支援を頂き、大変感謝しております。

担当者の声
 同社開発製品の「室内空気浄化システム」及び「鮮度保持資材」の研究開発の成果を、市場に魅力ある商品として提供し、販売していくのはこれからが本番となりますので、これまで以上に連携を密にして支援していきたいと考えております。

企業基本データ
代表 代表取締役社長 望月喜八郎
住所 栃木県小山市土塔3-1
電話 0285-28-2711
e-mail alpha1@jeans.ocn.ne.jp
URL http://www.alphatec-jp.co.jp/
従業員 10名
業種 建設業(住宅増改築・外構工事、光触媒関連事業、食品鮮度保持資材事業)
主要製品 リフォーム・外構工事・食品の鮮度保持資材(シール・パック)