HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
販路開拓と製造力強化に関する全般的支援
丸信金属工業株式会社 平成18年
企業概要
 当社は、創業以来、主としてアルミ材料を中心としたプレス加工を本業としてきましたが、現在は換気フード等建築用金物部品を主要製品とする事業を進めている地域のリーディングカンパニ−です。しかし、現時点では優良企業とはいうものの、上記部品は製品メーカーからの受注生産であり、近年の加工業の中国シフト等産業構造変革によって、受注量も漸減傾向にあるため、脱下請問題は当社にとって死活問題となりつつありました。

 そこで、従来にも増して、製造力の強化を図るとともに、第2の事業の柱として、自社オリジナル製品の開発に向けて、当社のアルミプレス加工技術を活かした製品開発に取組んできました。

 現在、製造力の強化とともに、新たに開発した自社オリジナル製品(ブランド名:ALART)として、アルミ材料の長所を生かした花器や生活用品シリーズ、及び装飾品シリーズをラインアップし、徐々に販路を開拓し、事業化に成功して、第2の事業の柱となりつつあります。
花器および生活用品シリーズ
 
建築用部品
写真一覧

支援内容
 財団法人栃木県産業振興センターは、平成15年より、同社に対して、永続的に取組むべき課題である「製造力強化」と、主として第2の事業の柱とするべき花器や生活用品シリーズ、及び装飾品シリーズ等「オリジナル新商品の開発と販路開拓」に関して、主として下記の支援策を用いて支援を行ってきました。

(1)経営相談と支援(経営状況分析と対応策の検討)
(2)技術開発支援(開発補助金の交付)
(3)専門家派遣による支援(生産工程合理化等製造力強化、工業デザインや特許出願指導等新製品開発)
(4)販路開拓支援

企業者の声
代表取締役社長
小和田侑氏
 財団法人栃木県産業振興センターの存在を知り、支援を頂き始めてから、ここ数年、かってないほどに自社の経営を分析し、方向性を一緒に模索して頂きました。工場としての製造力強化、自社ブランド新製品開発の取り組み方、あるいは目指すべき企業のあり方等々、一つひとつ具体的にご指導頂けることに感謝しています。

担当者の声
 同社の、製造業として、永続的に取り組むべき課題である「製造力強化」と、主として第2の事業の柱とするべき装飾品・花器等オリジナル新商品の開発・販路開拓に関して財団法人栃木県産業振興センターの支援策を使って支援をしてきました。

企業基本データ
代表 代表取締役社長 小和田侑
住所 栃木県足利市借宿町65番地
電話 0284-71-1639
e-mail marushin@yomogi.jp
URL http://www.alart.jp
従業員 22名
業種 アルミプレス成形品及び絞り製品の製造販売業
主要製品 建築用金物、金属装飾品・花器類