HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
「驚き、発見があるお店」をテーマに、日本では見たことのない商品を提供
カントリーシック 平成18年
企業概要
 当店は、2年前に創業した、パインの木を無垢材として使用した英国家具の直輸入専門店です。提供する家具は、シンプルなデザインの「デールライン」、伝統的な英国スタイルの「トラディッショナルライン」、アンティーク家具の美しさを再現した「ノッティンガムコレクション」、古典的なエレガントさが魅力の「ジョージアンライン」の4種類です。

 無垢材製の家具は、極端な温度差や乾燥に弱い反面、自然素材独特の風合いがあるのが特徴です。どれも手入をすることで100年持つ家具は、アンティークにうるさい目の肥えた消費者にも十分満足できるものです。

 販売の主流はインターネット経由で、現在売上の90%を占めます。手間を惜しまず更新して最新情報を配信するとともに、欧州の生産工場との直接取引によって安価で高品質な商品を提供し、お客様から信頼を得たことが売上に繋がっています。

 一方で、海外から直輸入するため、納品までに時間がかかる等の課題もありますが、今後も、自然素材の良さを理解するお客様に対し、より良い家具を自信を持って提供して行こうと取り組んでいます。
スポットライト

支援内容
 入澤氏は、家具や雑貨の輸入販売業を始める前、テネシー州の“とうもろこしの皮で作った手作りの人形”の輸入販売を考え、財団法人茨城県中小企業振興公社に相談されました。輸入の手続き、リスク回避策、資金繰り方法、海外の業者との決済方法、輸入契約書の書き方等について、当公社貿易アドバイザーが数回にわたりアドバイスを行いました。

 また、TTPP(引き合い案件データベース)、海外商工会への業者紹介、見本市の紹介等、海外での取引先を見つける方法の紹介をして、開業に向けての支援を行いました。開業後も、商品を船便でコンテナー輸送する際の契約条件や契約方法、契約にあたっての注意点等についてアドバイスをしています。

企業者の声
 創業に際し直面した諸問題を相談する場所を探していたところ「支援センター(財団法人茨城県中小企業振興公社)」を知る機会があり、早速アドバイスを頂きに出向きました。輸入の手続き、決済方法、資金繰り等の問題に丁寧にアドバイスを頂き、それらを実践し、創業して以来、順調に売上を伸ばすことができました。「好きな人(扱う商品が好きな販売者)から好きな人(顧客)へ」を心がけ、北海道から九州までの多くのお客様から認知され、ご支持を頂けるようになりました。つまり、「マス」から「個」への対応が、物あまりで物を買わなくなった消費者には必要だと考え、徹底した差別化と付加価値の提供を今もこれからも実践しようと考えております。

担当者の声
 財団法人茨城県中小企業振興公社では、日本貿易振興機構(ジェトロ)の情報デスクを設置し、毎月2回、国際業務に精通した貿易アドバイザーによる貿易相談会を実施しております。また、貿易実務や国際ビジネスをご紹介するセミナーを開催しております。貿易、海外投資に関するご相談はジェトロ茨城情報デスクまでお問い合わせください。

企業基本データ
代表 代表 入澤茂
住所 茨城県石岡市府中1-1-7
電話 0299-22-2832
e-mail country_chic@mist.ocn.ne.jp
URL http://www.e-na.co.jp/country-chic
従業員 5名
業種 輸入家具、雑貨販売
主要製品 イギリススタイルのパイン家具