HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
むかしながらの「ふ菓子」の伝統を守りながら、新市場の開拓を目指す
株式会社水野製菓 平成18年
企業概要
 当社は、ふ菓子専門の食料品製造業者として、昭和34年に先代が東京都小岩で創業しました。昭和38年に千葉県松戸市に移転、その後平成3年に現在の茨城県小美玉市(旧小川町)に移転した際に、2代目である現社長が就任し現在に至ります。

 ふ菓子製造には焼き加減や材料の配合等に独特のノウハウが必要とされ、また、専用機械が必要であるうえにニッチな分野でもあり、市場規模・投資効果等の面から大手の菓子メーカーの参入も困難で、当社のふ菓子生産のシェアは高く、現在は毎分210本、一日に約20万本の生産をしています。

 ふ菓子はその特性から景気に比較的左右されずに安定した売上が確保できますが、市場規模が限られているために売上増加はあまり期待できず、このため企画商品にもいろいろ取り組み、季節商品としてチョコレートのふ菓子も生産する等、常に市場拡大を図るための経営努力をしています。

 特に、ふ菓子はグルテン、強力粉、黒砂糖等を使用し添加物を使用しない健康食品であることから、今後は高齢者施設・要介護施設等での新たな需要も考えており、品質・衛生管理を徹底した、安全で安心できる「おいしいふ菓子」を提供していきたいと考えています。
ふ菓子

支援内容
 主要設備である自動ふ菓子焼きが、10年以上経過し老朽化による故障が多くなり、製品の品質に差し障る焼きむら等が懸念される更新時期にあったため、平成17年度に、財団法人茨城県中小企業振興公社の設備資金貸付制度を活用して設備を導入しました。

 これより生産能力・品質精度の向上を図りつつ、新規需要を開拓できる新製品を開発する等、ふ菓子の市場拡大をめざしており、その活動を応援しています。

企業者の声
 設備資金貸付制度を活用することで、高額な特注の主要設備を無利子で導入でき、金利負担を軽減しながら効率的な設備投資を行うことができました。

担当者の声
 ふ菓子というニッチな分野で、今後も独自の技術力とノウハウを生かして頂き、更なる成長を期待しつつ、さまざまな面で支援をしていきたいと思っています。

企業基本データ
代表 代表取締役 水野浩道
住所 茨城県小美玉市野田1475-224
電話 0299-58-3994
e-mail
URL
従業員 7名
業種 食料品製造業
主要製品 ふ菓子