HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
教育分野から産業分野まで、容易に使えるe−ラーニングコンテンツを開発
有限会社ラーニングアイ 平成18年
企業概要
 当社は、茨城大学工学部情報工学科米倉教授らの研究成果を事業化する試みとして、教育用コンテンツソフトウェア等の開発、販売を行うことを目的に、当時同学科の4年生であった現代表者のもとで平成17年3月に設立されたベンチャー企業です。現在、教育用支援ソフト「web-com」とアニメーション作成ソフト「Islay(アイラ)」を開発し、販売しています。

 このうち「web-com」は、ウェブページに対して書き込みと音声を付加できることを特色としています。具体的には、ウェブコンテンツ化した教材上に、直接板書するようにマウス等での書き込みや音声による解説も記録でき、短時間に誰でも簡単にe−ラーニングコンテンツの作成が可能なユニークなソフトです。また、このソフトは学生等の授業用だけでなく、細かいノウハウの継承が必要とされる生産工程や生産管理等の社内教育のマニュアル等、幅広い活用が見込まれています。

 また「Islay(アイラ)」は、キャラクターが動く順番を図形で関連付けることによって、簡単にアニメーションが作成でき、大人から子供まで楽しみながら情報技術の素養を身に付けられるソフトです。

 なお、上記ソフトウェアの販売に加えて、「web-com」で作成されたコンテンツをデータベース化し、利用者から利用料を徴収するとともに、コンテンツ提供者へ報酬を支払う「コンテンツ流通サービス」を行うビジネスプランを持っています。このプランは茨城県及び財団法人茨城県中小企業振興公社が開催している「ヤングベンチャービジネスプランコンペいばらき」において平成17年度の最優秀賞を受賞しました。その後に開催された「いばらきベンチャーマーケット」において、約80名の金融機関・ベンチャーキャピタル・情報系企業の前で販路開拓、業務提携を目的にビジネスプランの発表を行う等、教育、産業分野の受注拡大に向けて積極的に事業を展開しています。

支援内容
 財団法人茨城県中小企業振興公社の、同社への支援は、「ヤングベンチャービジネスプランコンペいばらき」への応募があったことがきっかけです。平成17年度に最優秀賞を受賞し、その後、ビジネスマッチングの場である「いばらきベンチャーマーケット」でのビジネスプラン発表により県内外の企業等と広く結びつく機会を提供することができました。

 また、教育分野のみならず、広く産業分野での活用を考えている同社のソフトウェアの事業展開を支援するため、専門家の派遣によって更なる改善点等の診断、助言を行ないました。

企業者の声
「ヤングベンチャービジネスプランコンペいばらき」の最優秀賞受賞、またビジネスプランの発表を通して、さまざまな方々とお会いできる場を頂きましてありがとうございました。

 現在は、流通させるための質の高いコンテンツ作成と、流通サービスのシステムづくりを行うと同時に、「web-com」の普及に力を注いでおり、今後、更に使いやすくし、機能を増やした「web-com Ver2.0」をリリースする予定です。

担当者の声
 今後も創業や新分野進出を目指す方に対して、創業手続、資金調達等の経営全般、販路開拓、技術開発等に関する助言を行ない、支援していきたいと思っております。

企業基本データ
代表 代表取締役 新堀道信
住所 茨城県日立市西成沢町4-12-1 茨城大学工学部 VBL棟
電話 0294-38-7117
e-mail niibori@learning-i.co.jp
URL http://learning-i.co.jp
従業員 1名
業種 情報サービス業
主要製品 ソフトウェア製品「web-com」、「Islay(アイラ)」