HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
5Sを活かした新工場稼働で企業体質強化
株式会社フジ機工 平成18年
企業概要
 当社の事業は、各種機械装置の設計製作、精密機械加工、精密板金加工、及び、各種キャップシール製造販売の4本柱です。機械加工は、鋳鉄、鋼、アルミ、ステンレス、樹脂の加工を、高剛性の機械によって高速度・高精度に実現し、顧客先の短納期・高品質の要求を満足させています。

 キャップシール製造は、牛乳、ウィスキー、酒、焼酎、ワイン瓶用が主ですが、高級ワイン、ウィスキーの錫製のキャップシールでは国内唯一の製造元となっています。

 その基盤となっているのが、新設された機械加工工場です。製造業の業績回復に伴い機械加工と板金加工とが好調で、直近4期は増収増益基調で推移していますが、更なる顧客ニーズの多様化に対応するため、門型多面加工機等を導入してラインアップの充実を図りました。新工場の建設に先立ち、既存の機械加工工場、精密板金工場、及び、キャップシール製造工場において基本に返った現状改善に取り組み、その体験と成果を活かして稼動しています。

 最適業務推進システム確立のためISO9001・2000(品質マネジメント国際規格2000年版)認証取得を終え、生産過程での損益改善を目指して生産革新手法を導入する等、企業体質強化を着実に推し進めています。
新工場(泉崎村)

支援内容
 財団法人福島県産業振興センターでは、同社の新工場の建設に向け、専門家を派遣して次の点を主体に支援しました。

(1)既存工場における5Sを基本とした作業改善、生産性向上
・5S(整理・整頓・清潔・清掃・しつけ)勉強会での意識づけ
・目で見る管理、設備周りの治具・工具類の2S(整理・整頓)の実践指導
・人の動線、物流動線の改善指導

(2)新設工場の効果的な稼動
・新工場建設に関わる基本的留意事項の提示
・新工場レイアウト立案、既存工場からの移設計画アドバイス
・立上り稼働に伴う品質面、能率面の不具合に対する改善指導
・将来の導入機種選定に関する助言

企業者の声
代表取締役
近藤均氏
 当社にとって新機械加工工場建設という一大転機を迎えた時期に、約1年間にわたり専門家から適切な助言を受けることができました。これは会社、社員にとって大きな糧となっています。

 財団法人福島県産業振興センターには、今後も当社の体質強化に向けて継続的な支援を望みます。

担当者の声
 第1ステップとして現状の製造現場の基本的な改善に着手し、その考え方を活かして第2ステップの新機械加工工場建設に対する助言へと移行しましたので、連続的な支援ができました。

 ハード面では体質強化が進んでいますので、今後はソフト面も含めた支援体制を考えたいと思っています。

企業基本データ
代表 代表取締役 近藤均
住所 福島県西白河郡泉崎村泉崎字泉崎中核工業団地16-7
電話 0248-54-1123
e-mail fujikiko@ch.mbn.or.jp
URL http://www.fujikiko.com
従業員 58名
業種 精密部品・包装資材製造業
主要製品 省力化機器等精密部品、キャップシール等包装資材