HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
伝統の醗酵技術を活かし、健康と長寿につながる豊かな食文化の創造
株式会社宝来屋本店 平成18年
企業概要
 宝来屋本店は、創業100年になる味噌、三五八糀等の伝統的食品の製造を行う老舗企業です。長年にわたる堅実な事業経営に加え、甘酒等の新商品の開発にも積極的に注力しているチャレンジ企業でもあります。

 柳沼社長は、「現状は、収益的にも問題なく、財務体質も良好であるものの、取り巻く環境は一層厳しくなることが明らかであり、今後の企業としての在り方、方向性を明確にし、事業展開していく必要性がある」と感じていました。こうした危機管理のもと参加した財団法人福島県産業振興センター主催の「経営改善セミナー」を通じてコンサルティングサービスを知り、即決でその場で申し込みをしました。
「板こうじ製法」のお味噌

支援内容
 支援の方針として、「中期経営計画の策定」を大テーマにし、後継者への経営継承の時期でもあることから、経営計画策定は後継者である専務に主体的な役割を担ってもらうこととし、これにより後継者の経営者としての能力アップ、経営体制の強化を図っていくこととしました。

 財団法人福島県産業振興センターの支援内容は、取り組むべき課題を明確にした後、専門家によるきめ細かいアドバイスのもと、現状の経営状況を改善、改革していくべき経営計画の策定に着手しました。大きくは次の2点から積極的な事業展開を図る内容となりました。

・レトルト製品技術をはじめ高い加工技術力を更に伸ばしていくこと
・閉鎖的な組織体制からオープンな組織風土への転換(経営者、社員ともに一体感のある組織作り)

企業者の声
代表取締役
柳沼正人氏(左)
専務取締役
柳沼広人氏(右)
 専門家によるコンサルティングを通じて、

・経営者が事業の現状を客観的に把握、理解することができたこと
・経営者と社員間のコミュニケーションが通じて意識改革が図られつつあること
・経営計画という方位磁石により、進むべき方向性及び各部門、社員の役割も明確化されたこと
・後継者たる専務の経営意欲が向上したこと


 さまざまな面での効果があり、大変役に立ちました。

担当者の声
 消極的な発想になりがちな中小企業が多い中、同社は現状に満足せず、積極的に将来への方向性の確立に乗りだしています。社長を中心とした企業力に加え、更に「組織力」を強化していけば、一層、地域優良企業としての地位が高められるものと期待しております。

企業基本データ
代表 代表取締役 柳沼正人
住所 福島県郡山市田村町金屋字川久保54-2
電話 024-943-2380
e-mail 358@e-horaiya.com
URL http://www.e-horaiya.com
従業員 19名
業種 食品製造・販売業
主要製品 味噌、甘酒、三五八糀