HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
新規事業「灯油遠隔監視システム」で経営革新
株式会社アクティブクリエイト 平成18年
企業概要
 当社は、受託開発ソフトウェア業としてサーバ・PC専用ソフトウエア(S/W)の業務アプリケーションソフトやWebアプリケーションを受託開発し提供しています。

 近年は、通信販売業者向けの販売管理システムやネットショッピングサイトのソフトウェア等を自社で開発し販売も行っています。

 伊藤強社長は、20歳の時からパソコン用のソフト開発に従事し、ソフトウェア開発の基礎を独学で取得しました。そして、35歳のときに起業し、現在は若い社員とともにソフトウェア開発の業務に携わっています。

 起業の理念としては、「活動的創造」を掲げ、積極的にソフトウェアの開発に取り組み、地域の活性化に少しでも役に立てたいと願っています。そのため、常に地域の人材発掘に力を注ぎ、一人でも多くの人材を雇用して地域の雇用問題に貢献することを企業の信条としています。

 また今後は、新事業の展開として、ハードとソフトを融合した製品開発に力を入れ、新しい製品作りに着手していきます。

 その中で、経営革新計画の承認を受けた「灯油の遠隔監視システム」は、当社の新事業の中核を担うものとして、期待しているところです。

 
入居のクリエイトセンター概観

支援内容
 同社は、山形県が運営するインキュベーション施設である山形県産業創造支援センター(通称:クリエイトセンター)への入居企業で、山形県情報技術振興協同組合(通称:山形IT組合)のキーメンバー企業でもあります。

 同社は、ここ数年、急成長を遂げていますが、財団法人山形県企業振興公社では、種々の支援制度の紹介を軸として支援を継続して行っています。

 特に同社は、平成18年度に、新規事業「灯油遠隔監視システム」での経営革新の承認を得ており、当公社では、本件についても支援を行いました。

 また最近では、雇用人数の増加に伴い就業規則の見直しに迫られ、財団法人山形県企業振興公社の専門家派遣事業を利用しての業務改革にも取り組んでいます。

企業者の声
代表取締役
伊藤強氏
 灯油の遠隔監視ユニットの耐久性の実験や耐久ケースの開発で、中小企業支援センター(財団法人山形県企業振興公社)の協力を頂きました。

担当者の声
サブマネージャー
庄司孝一氏
 伊藤社長は若いにもかかわらず、会社は急成長中であり、県内IT企業群では注目に値する企業の一つといえます。

 社長の偉いところは、他人のアドバイスや意見に真摯に耳を傾ける姿勢です。少し企業が成長すれば天狗になりがちですが、さまざまな人々からの情報吸収に余念がありません。

企業基本データ
代表 代表取締役 伊藤強
住所 山形県山形市松栄1-3-8
電話 023-646-2031
e-mail info@actcrt.jp
URL http://www.actcrt.jp
従業員 17名
業種 受託開発ソフトウェア業
主要製品 通信販売管理システム、ネットショッピングカートシステム、各種Webアプリケーション開発、各業務アプリケーション開発