HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
“人と心が繋がり合う、共生の介護を目指して”の地域福祉ビジネスの起業
有限会社青空介護サービス 平成18年
企業概要
 平成17年3月に、現代表がそれまで勤務していた病院を早期退職し、家族と共に以前より構想中だった「民家を活用した小規模の介護サービス」の準備に取りかかりました。そして同年7月には会社を立ち上げ、10月に事業を開始しました。

 この事業所の特徴は、「楽しくゆったり笑顔で暮らせる家作り」を基本として、施設とサービスを工夫していることにあります。事業所となる民家は、自然環境に恵まれた立地の空き家を再活用する事によって家庭的な雰囲気を大切にでき、地域に根ざしたサービスと交流ができるよう「お茶のみ喫茶」(無料)を設けています。

 事業内容は、ディサービス、居宅介護支援(ケアマネジャー)、宿泊(最大5泊6日)等があり、退職した看護師達がサポートしているため、利用者は安心して介護を受けることができます。また、実費による宿泊や一時利用等も行っており、誰もが気軽に利用できるようになっています。それによって、あたかも友だちの家にお茶のみに来たかのようなくつろげる雰囲気が生まれます。

 また、1日の流れの中で、敷地内にある畑で土いじりをし、そこで取れた野菜を使ってみんなでお昼ご飯を作ったり、自分の趣味や特技を活かした活動(先生役となって、他の利用者さんに教えたりもしている)も自由に行うことができます。集団で1つのレクをするのではなく、一人ひとりに合った時間の使い方で1日を自由に過ごせるシステムとなっています。

 介護は、人対人のサービスです。利用者を個性ある人間として対応し、心を通わせた温かい介護をこれからも目指してゆくと同時に、これからの高齢化社会の中でいかに他の企業のサービスとの差別化を行っていくかが、これからの課題です。
施設風景
写真一覧
 
活動内容、利用者さんが昼食をみんなで作る図。

支援内容
 同社との接点は、創業者である田宮順子代表の娘の田宮真紀子さんが、平成16年度の山形県村山総合支庁の創業支援事業の一つの「むらやまコミュニティ仕事村」への受講参加と財団法人山形県企業振興公社の同事業への後援がきっかけでした。

 創業支援事業は受講生の創業希望内容に沿った事業計画書(BM)策定指導や「起業家オークション」への参加指導です。

 創業支援事業で起業内容の枠組みは形を得たものの、事業計画書のブラッシュアップ、具体的な資金調達、有限会社設立、雇用、許認可申請&認可取得、福祉サービス施設の立ち上げ、マーケットリサーチ、更には創業後のフォローに至るまでの継続的な創業支援を実施しました。

企業者の声
代表取締役
田宮順子氏
 企業や経営に関し、何も分からないところからのスタートだったので、専門家としてのアドバイスや確かな情報力がとても心強く、安心して私たちの意見や目標等を理想から現実に変えることができました。また、起業後の状況も気にかけてくださり、本当に感謝しております。

担当者の声
サブマネージャー
庄司孝一氏
 田宮順子代表は創業前まで病院勤務の経験をお持ちで、自分で思い描いた福祉への非常に高い理想とやる気(バイタリティ)に加え、人脈、職歴、家族を含む周りからの信頼関係があったからこそ、創業が成功したケースです。

 事業計画や会社設立等については、福祉関連施設への勤務経験をお持ちの娘の田宮真紀子さんへの支援が中心でしたが、一から勉強すると共に関連支援機関の協力も得て、約1年強の短期間で発案から施設立ち上げに成功し、比較的順調に軌道に乗せる事ができました。また、日々の悪戦苦闘の様子は、HP掲載の田宮真紀子さんのプログを参照下さい。

企業基本データ
代表 代表取締役 田宮順子
住所 山形県西村山郡河北町西里字両所1997番地
電話 0237-72-6558
e-mail aozora-net@ic-net.or.jp
URL http://aozora.ic-blog.jp/life/
従業員 4人(有償ボランティア 2人) *役員3名は入れていません
業種 高齢者福祉サービス
主要製品 介護サービス