HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
独自製品の事業化に向けてマーケティング支援でバックアップ
株式会社デジタル・ウント・メア 平成18年
企業概要
 当社は、平成11年度に新商品や新技術の事業化に挑む中小企業をバックアップする県の事業の1つである「ベンチャービジネススタートアップ支援事業」の対象事業者として開業しました。その後、平成12年に有限会社化、平成15年に株式会社化と順調に成長してきました。

 当初、Webサイトの構築とCGI作成事業からはじめ、現在は、システム開発、ネットワーク開発を軸にWebサイトの総合プロデュース等ネットワークのエッジ部分全般を取り扱い、東日本全域からの注文を得ています。
事務所

支援内容
 あきた目利き倶楽部事業により、独自製品について、首都圏の企業者等で構成される倶楽部アドバイザーが、市場側からの観点での評価を行い、市場展開に向けたアドバイスを実施しました。また、目利き倶楽部フォローアップ事業として、アドバイザーによるマッチング支援を実施しました。

企業者の声
代表取締役
戸田和彦氏
 当社は、公共事業削減のあおりでお客様を行政から民間企業にシフトする必要がありました。

 財団法人あきた企業活性化センターのご協力でシームレスにシフトすることができ、お客様のエリアが大幅に広がりました。今後は、より技術を高めて、地域に貢献するようにがんばりたいと思います。

担当者の声
 製品の販路開拓支援だけでなく、アドバイザーによるコーディネート支援を契機として、大手企業との間で他の事業についても業務提携が実った事例です。特定の製品に固執せず、社内のリソースを最大限に活用して、事業を拡大した好事例と言えます。

企業基本データ
代表 代表取締役 戸田和彦
住所 秋田県横手市安田字向田202
電話 0182-33-5060
e-mail info@und-meer.com
URL http://www.und-meer.com
従業員 13名(アルバイト、パート含む)
業種 情報サービス業
主要製品 各種システム設計・プログラム開発、ネットソーシング等の各種ITサービスユーザー管理システム、情報提供システム、行政支援システム、自動追跡システム等