HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
「切削加工」から「精密加工領域」への進化
キョーユー株式会社 平成18年
企業概要
 当社は、「精密加工技術を通じて先端技術製品開発の進歩・発展に寄与し、顧客とともに喜び合い地域社会に貢献する」ことを経営理念とし、省力化機械等精密機械部品にウェイトを置いた生産活動を展開してきました。

 時代とともに変化する生産品目にも対応しています。12年前より金型部門充実の必要性を痛感したため、プレス金型製作に積極的に取り組んできました。現在の金型市場の需要はプレス金型3:モールド金型7の割合です。特に、モバイル機器の発達により電子部品はますます軽薄短小化が進み、そのツールである金型は極めて精密な精度が要求されるため、加工技術はもちろんのこと、同時に「温度・湿度・振動・防塵」等の管理の徹底、更には熱処理を内製化する等新たな分野への取り組みを3年前にスタートさせ、取引先の要請に積極的に応じる体制を築き上げました。

 現在は、新たな高付加価値製品で今後の需要も大きく期待される「モールド金型製作」、「精密プラスチック成形加工」に取り組んでおり、高精密加工技術に取り組むことにより他の製品への技術的・精度面等への波及効果も期待しています。

 当社は、国内でのモノづくりにこだわり、「精密部品に特化したメーカー」を目指しており、その思いは着実に軌道に乗ってきています。
社屋

支援内容
「切削加工」から「精密加工領域」への進化を図るための新鋭設備の導入にあたっては「貸与事業」によって支援し、自己資本比率の向上にあたっては「企業振興投資事業」の活用により増資を行い、企業体質の強化を図って頂きました。

 また、販路の拡大や企業認知度の向上を図るため「みやぎビジネス商談会」等への参加や、宮城県と機構が行っている自動車産業プロジェクトにおいて、大手自動車メーカーとの新たな取引へ結びつく等、総合的な支援を行っています。

企業者の声
畑中社長、安保専務
 当社は創業以来、機械部品加工を手掛け、時代とともに生産品目も多様化し、その都度必要な設備導入には「貸与制度」を、自己資本比率の向上にあたっては「企業振興投資制度」を活用し、積極的な事業活動に役立ててきました。

 更に、公的支援策を活用していることにより、取引先や金融機関から大きな信用・信頼を得ることができ、企業発展の大きな原動力となっています。

担当者の声
 同社は、常にレベルの高い新しい仕事にトライし続ける方針を持っており、財団法人みやぎ産業振興機構としては適切な総合支援を行っていき、更なる飛躍を期待するものです。

企業基本データ
代表 代表取締役 畑中得實
住所 宮城県遠田郡美里町関根字新苗代江149-1
電話 0229-34-2329
e-mail info@kyoyu.jp
URL http://www.kyoyu.jp
従業員 110人
業種 一般機械器具製造業
主要製品 精密機械部品加工、モールド金型・プレス金型ほか