HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
自己完結型企業を目指して
引地精工株式会社 平成18年
企業概要
 当社は、日本全国に顧客を持ち、大手企業から厚い信頼を得ている産業用自動機メーカーです。

 昭和54年に、地元企業よりプレス加工品を受注することから出発しましたが、数年後、製作物がプレス品から成形品へと代替が進んできていたこと、引地社長自身が以前から独自の製品づくりを行いたいと考えていたことから、県内で手がけている中小企業が少なかった自動機製作分野に進出することを決断しました。

 このため既存の取引メーカーに社員を派遣して社内にノウハウを蓄積し、自動機製作の生産体制が整った昭和57年より本格的に参入しました。

 平成元年には、更なる飛躍を目指して、設計部門の強化による一貫生産体制の確立、目に見える工程管理の徹底等に着手しました。その結果、平成12年には平成元年と比較して約20倍近い売上げを達成するまでになりました。また、平成14年にはISO9001(品質)、平成16年にはISO14001(環境)の国際標準規格認証を取得するなど、世界にも通用する企業として経営革新に取組んでいます。

 このように当社が順調に発展してきた主な要因としては、自動機製作の現場を知った設計担当社員20人を配置し、受注品の約90%は設計段階から手掛ける自己完結型の生産体制を確立したことが挙げられます。

 平成18年で創業27年目を迎え、製造と名のつく現場は全て当社の顧客となりえるとの営業方針を立て、ますますの社業発展のために邁進しています。
工場内風景

支援内容
 財団法人みやぎ産業振興機構は、業種転換を図った時期から「貸与事業」により最新鋭設備の導入に際して支援をしてまいりました。更に「取引あっせん事業」では、個別あっせんのほか、集団あっせんの「みやぎ広域取引商談会」等コミュニケーションづくりの機会を提供するなどの支援を行っております。

 また、当社の生産能力が非常に高いことから、宮城県と当機構が行っている自動車産業特別支援プロジェクトにおいて、技術的な難度や精度の要求が高い自動車関連産業との取引あっせんを行うなど、多面にわたり支援を行っています。

企業者の声
代表取締役
引地政明氏
 当社の事業拡大に際しては、新規設備導入の面でご支援をいただくことで、お客様からの多様なニーズにお応えする体制をつくることができました。

 また、近年では当社の実力を評価していただき、品質が厳しいが、安定的な取引関係が期待できる自動車業界関連企業をご紹介いただくことにより、当社の営業分野の拡大と経営基盤の安定にお力添えいただいております。

担当者の声
 財団法人みやぎ産業振興機構が主催する取引商談会や各種セミナー等に積極的に参加され、取引の拡大や情報収集を積極的に行い、それを経営戦略策定の一助とされておられるようです。

 また、貸与制度については、最新鋭設備による加工が必要とされる自動機製作分野へ参入した時期から積極的に活用されており、今では現有機械の大半を貸与制度により導入されているほどです。

 今後とも当機構の支援メニューを積極的にご活用いただき、更なる発展のお役に立つことができればこれに優る喜びはないと感じております。

企業基本データ
代表 代表取締役 引地政明
住所 宮城県岩沼市吹上1丁目14-37
電話 0223-24-0291
e-mail hs@hikichiseiko.com
URL http://www.hikichiseiko.com
従業員 70名
業種 製造業
主要製品 産業用省力化機械・治工具・設計製作