HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
低年齢層向けオンデマンド方式の英語学習装置開発
有限会社BRUCE INTERFACE 平成18年
企業概要
 代表者のブルース氏は、カナダ・ブリティッシュコロンビア大学でコンピュータシステムを学び、昭和61年にバイオ資源工学者として来日しました。日本での結婚を機に、昭和63年に子供向け英語教育や国際交流事業を柱とするブルース・インターフェイスを創業しました。「Follow Your Dreams」をメッセージに掲げて、夢をもってチャレンジすることの素晴らしさを子供たちに伝える活動を展開しています。年間120回を超える講演会や大道芸パフォーマンスショー、マジックショー等も代表者自身が演者となって開催しています。

 平成12年には、夢にチャレンジする精神を自ら示すために、全国12箇所で講演会を開催しながら、4ヶ月かけて日本縦断マラソンを敢行するなど、そのバイタリティと教育に賭ける熱い想いは人一倍強いものがあります。

 現在では、低年齢層向けの英語教育を中心に事業を拡大し、自ら英語塾を開講する一方で、質の高いネイティブの専従英語講師を幼稚園19箇所に派遣しています。「子供の頃から楽しく英語に親しむ環境づくり」に注力しており、塾や講師派遣だけでは補えない日常的な英語環境づくりをサポートするため、長年の教育経験とコンピュータシステムの構築スキルを活かして、オンデマンド方式の英語学習システムを開発しました。

 ネイティブな発音のバーチャルな英語講師が、子供の「知りたい」、「聞きたい」、「話したい」という欲求に瞬時に応えてくれるような夢の学習機器。「サイバードリーム」として販売が開始されています。
オフィス外観
写真一覧
 
学習機器「サイバードリーム」

支援内容
 当該商品の可能性を評価したサブマネージャーを中心に以下のとおりの支援を実施しています。

(1)財団委嘱のビジネスプロデューサーとディスカッションを行い、事業計画の問題点の洗い出し・軌道修正をアドバイス
(2)コンテンツについての検討・意見出し
(3)VCや商社等を聴講者とする事業計画プレゼンテーションの場への参加機会の演出
(4)公的補助金制度エントリーのためのサポート
(5)試作品デザインのための工業デザイナー紹介
(6)ビジネスプロデューサーを通じた販路紹介
(7)商品のハード製作メーカーの紹介
(8)知財権申請のためのサポート

企業者の声
代表取締役
ウイットレット・ブルース・エドワード氏
 社内のみで開発を行ってきましたが、指導を受けたことで開発商品について更に新しい発想を引き出すことができました。また、コンテストやビジネスプラン発表の場に参加させてもらったことで、貴重な経験も得られ、事業計画をブラッシュアップすることもできました。

担当者の声
 英語圏の人は誰でも話せるのにわれわれ日本人にはなかなか難しい。子供たちが楽しく話せるようにさせてやる方法はないものかと考えていたときに、ブルースさんから低年齢層向け英語教育システム開発の相談を受けました。

 当初は、ハードの物づくりの相談でしたが、ブルースさんの情熱に惚れ込んで、この人なら実現してくれると思い、コンテンツも含めて成果が出るまで支援することになりました。

 このシステムの優れているところは、子供たちがお母さんに絵本を読んで貰うような感覚で英語を学べることです。

 子供たちが飽きないように動画と上達のおまけを巧みに工夫し、ネイティブな発音が自然に身につく仕組みとなっています。

企業基本データ
代表 代表取締役 ウイットレット・ブルース・エドワード
住所 宮城県仙台市太白区柳生4-19-1
電話 022-306-0321
e-mail info@dreamsclub.com
URL http://dreamsclub.com/
従業員 5名
業種 英語塾 英語講師派遣
主要製品 人材派遣