HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
IT分野の特定市場で高付加価値事業の展開をめざす
株式会社イーアールアイ 平成18年
企業概要
 当社は、平成15年に設立され、IT(情報技術)分野での「コア技術を通して、人々へ感動ややすらぎを与え、社会に貢献する」ことを基本理念として、主に電子機器に内蔵される組み込み機器のハードウェア、ソフトウェアの開発から販売までを手がけてきました。取引先は、大手電子・電気デバイス企業を中心に多岐にわたっています。

 平成17年に業務拡張のため事務所を移転し、現在は、CDやDVDのプロダクト開発の他、熱転写プリンタの開発、カスタムIC(特定の用途に合わせた半導体チップ)設計、FPGA(プログラミング可能な集積回路)設計、そして、ブルートゥース(Bluetooth)等のコネクト機器技術開発と、さまざまな事業に取り組んでいます。

 特に、ブルートゥースは、種々の情報関連機器をケーブルを使わずに無線でつなぐ通信技術であり、携帯電話用デバイスへの応用が期待されている新分野です。また、プログラミング分野における高い技術力を生かし、平成16年から岩手大学と共同でコンピュータウィルスのフィルタリングソフトの開発に取り組み、平成19年には大手ソフトウェア会社に技術供与し、商品化できる見込みです。

 情報家電市場・車載機器市場に的を絞りつつ、幅広い適用分野の開発にも努め、それぞれ収益性の高い事業に育て上げ、高付加価値事業としての確立を目指しています。
開発中の制御基板

支援内容
 財団法人いわて産業振興センターは岩手県と共同で、同社とは創立当初からかかわっています。

 創立前年の平成14年には、創業者が、最後の開催年となった「いわて起業家大学」を受講しています。

 その後、平成17年には商談会「ものづくりパートナーフォーラム」への出展助成を行い、販路拡大に貢献しました。

 同社は平成18年からは、当センター等で構成する「いわてインキュべーション二号ファンド」の出資を受けました。また、岩手県産業振興課と共催する「組み込みソフトウェア研究会」に参加しています。

企業者の声
代表取締役
水野節郎氏
 県から紹介されるまでは、大企業に勤めていたこともあり財団法人いわて産業振興センターの存在は知りませんでしたが、商談会出展で新しい取引関係が生まれ、首都圏の企業とも顔を合わせる機会が増えました。

 また、地域の大学との共同開発にも取り組むこととなりました。地域の企業のために、これからも支援を続けてもらいたいと思います。

担当者の声
 高度かつ広範囲にわたる技術力で着実に成果を上げ、かつ、付加価値の高い技術に焦点を合わせることで収益性の向上に努めており、今後の更なる飛躍が期待されます。

 日本はもとより世界に通用する技術を、岩手から発信しつづけて欲しいと思います。

企業基本データ
代表 代表取締役 水野節郎
住所 岩手県盛岡市上堂三丁目8-44
電話 019-648-8566
e-mail info@erii.co.jp
URL http://www.erii.co.jp
従業員 26名
業種 ハードウエア、ソフトウエアの企画・設計・開発・製造・販売
主要製品 CD・DVDのフロントエンド・バックエンド用ハードウエア、ソフトウエア/組み込み機器用ハードウエア、ソフトウエア