HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
かゆいところに手が届く提案型企業、商談会・展示会に積極参加できっかけづくり
株式会社木津板金 平成18年
企業概要
 当社は、屋根工事等の建築板金・建築金物加工で創業しましたが、昭和57年から溶接板金を始め、現在は厨房関連機器を中心に、医療関連機器、食品関連機器等の分野も手がけております。ステンレス製品が主力ですが、アルミ・銅・チタン等各種材質の加工にも対応しております。技術力のアップにも力を注いでおり、全国板金技能フェアでは入賞しております。

 シンク類・作業台・棚等業務用厨房機器のほとんどは受注生産ですが、発注元の設計図面にひと工夫し、より「簡単・丈夫・きれい」に仕上げて納品するようにしております。また、自主的にサンプルを数点作って送る等して、常に顧客への提案を行うようにしています。更に、製品に不具合があれば全国どこへでもすぐに駆けつける体制を構築しております。確かな技術力・提案力に加え、このスピード対応力で、取引メーカーから揺るぎない信頼を得ております。

 ステンレス昇降棚、脱臭器等、新製品開発も積極的に行い、商品化されたものも多くなっております。設備投資も意欲的に行い、レーザー溶接機を始めとする最新鋭の工作機械を導入、高品質な製品をより早く納品できる体制を整えております。その結果、厳しいコスト削減の要請にも対応しています。
ステンレス製オブジェ
 
銅・チタンなどで作られたシンク

支援内容
 同社は自社製品を全国に向けてRP・営業展開するため平成11年度より中小企業テクノフェア(現在は中小企業総合展)に継続して出展しています。

 また、財団法人21あおもり産業総合支援センターが実施している青森県受発注取引商談会には毎年参加し、業界の情報収集に活用しています。首都圏の販路開拓等を支援するために設置されている財団法人21あおもり産業総合支援センター・青森県ビジネスサポートセンターでは、同社の新規取引先として関東方面の発注先を紹介するとともに同行訪問等も行い、取引成約に至るまでの支援を行っています。

企業者の声
代表取締役
木津一氏
 財団法人21あおもり産業総合支援センターが実施している青森県受発注取引商談会は、そこで知り合ったお客様が別なお客様を紹介してくれる等、取引のきっかけづくりとして有効な場だと考えています。

 どうしても関東方面の取引先が多いので、青森県ビジネスサポートセンターがバックアップしてくれるのは心強く、今後も当社の宣伝・PR及び取引先の開拓に力を貸して頂きたいと思っています。

担当者の声
青森県ビジネスサポートセンター
チーフアドバイザー
中邦雄氏
 木津社長は受発注取引商談会には必ず参加され、情報収集に極めて熱心です。また、紹介した首都圏の取引先からの発注案件についても素早く対応されています。

 持ち前の粘り強い営業活動により実績も上がり、今後一層の業容拡大が期待されます。

企業基本データ
代表 代表取締役社長 木津一
住所 青森県西津軽郡鰺ヶ沢町赤石町字大和田16-1
電話 0173-72-6131
e-mail kitsu@kitu.co.jp
URL http://www.kitu.co.jp/
従業員 25名
業種 板金・溶接加工業
主要製品 厨房関連機器・食品関連機器・医療関連機器等製造業