HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
エンジンから電動への転換を可能にした高性能モータ!刈払機からモータへ進出
株式会社コスモメカニクス 平成18年
企業概要
 当社は、代表の岩谷氏が持つ特許技術を活用して国内初の電動式刈払機を開発したメーカーです。昭和55年からエンジン式刈払機の振動障害予防対策として電動刈払機の開発に着手し、昭和60年には林野庁へ1号機を納入しました。

 その後も電池の改良や刈払機本体の軽量化やモータのハイパワー化に取り組み、平成15年に電動刈払機専用・自社製モータ「I・Kモータ」を開発し、平成17年には新型電動刈払機「デン・カル」を完成させ販売を開始しました。

 従来、刈払機の動力はエンジン式が主体であり、「振動・騒音・排気ガス」という負荷の大きさから、作業時間は2時間以内に規制されている他、騒音障害防止対策ガイドラインが制定されている中で、近年は環境に対するユーザー意識も向上しており、作業負担や環境負荷の低減が求められていました。

 当社は、これらの課題を解決するため、北海道立工業試験場と共同で研究開発を重ねた結果、軽量・高出力コアレス型プリントモータ(特許取得)を搭載した電動刈払機の製品化に成功しました。

 当該モータの特徴は、

(1)銅板をエッチング加工して回路を形成
(2)鉄心をなくしたことによる超軽量化
(3)回路形成したディスクを複数枚重ねて配線数を増やすこと

で他にはない高出力を実現しています。「デン・カル」の特徴は、振動が極めて小さいため作業時間の規制を受けない他、騒音も少なく防音防振具の着用も不要です。更に、エンジンよりもメンテナンスが容易で排気ガスが出ないため環境に優しく、エンジン式と比較してランニングコストが10分の1以下という優位性を確立しているため、河川や林業整備の専業者等プロ仕様としての引き合いが多くなっています。

 今後は、「デン・カル」の全国販売に加えて低価格仕様や輸出仕様等のラインナップを充実する他、モータの高出力化・ブラシレス化により、ヘッジトリマーやブロワ等関連機器の開発・製品化に取り組む予定です。

 また、上記の新型モータの研究開発を通じてモータの更なる高性能化やコストダウンを推し進め、モータ単体としても産業機械・自動車分野等や高付加価値なニッチ市場における応用展開を図り、高付加価値モータ製造業としての事業発展を目指しています。
バッテリー式電動刈払機
「デン・カル」

支援内容
 財団法人北海道中小企業総合支援センターでは、平成14年に電動刈払機の基盤となる「電動刈払機用軽量・高出力コアレスモータ」の開発にあたり、研究開発費の助成を行いました。

 その後、平成17年には、ベンチャーシーズマッチング事業や事業化資金貸付事業にて、プレゼンテーションを通じた販売促進や、「デン・カル」の事業化段階での資金調達に対する支援を行いました。

企業者の声
代表取締役
岩谷公明氏
 当社が製品を研究開発・製品化・事業化する上で生じた問題点を、資金調達・展示会の紹介・専門家派遣制度等さまざまな角度から支援して頂き、大変お世話になっております。

 スタッフの皆さんは非常に熱心に当社の要望に耳を傾けて下さり、どうすることが良いか一緒に考え、指導して頂けるので、社員が少なくフットワークが弱い当社にとっては大きな力になると感じました。

 今後はお世話になっている分、北海道の地場に返していけるよう着実に頑張っていきたいと思っております。

担当者の声
 同社が持つ軽量・高出力モータ技術は、道内レベルをはるかに超えて、まさに全国レベルの水準にあり、高付加価値モータとしてさまざまな産業機械分野への転用が期待されることから、研究から事業化までを一貫して支援させて頂きました。

 実際の製造現場では、同社のように事業化に至るまで長期間を要するケースは稀な例ではないと思います。

 このように、事業化前の段階でもご相談に応じますので、どうぞ財団法人北海道中小企業総合支援センターをご活用ください。

企業基本データ
代表 代表取締役 岩谷公明
住所 北海道旭川市豊岡5条4丁目2-11
電話 0166-34-8891
e-mail iwaya@cosmo-mk.co.jp
URL http://www.cosmo-mk.co.jp/
従業員 6名
業種 一般機械器具製造業
主要製品 電動刈払機、専用ニッケル水素電池、モータ、充電器

提携に関する情報
 全国各地域において、電動刈払機を販売して頂ける会社と代理店契約を結び、販売に力を入れております。

 また、今後はI・Kモータをベースとしたモータ開発も行って行くため、小型エンジンを電動化する新製品に対して画期的なアイディアをお持ちの企業さんとの提携も視野に入れております。