HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
「世界一美しいファサード」を目指します!
飯田ウッドワークシステム株式会社 平成18年
企業概要
 代表者の飯田氏は、当社の創業以前には北海道立林産試験場で長年に渡り技術指導に携わってきたため、技術的改善や品質向上に大きな価値を置いています。平成12年9月の設立以後、ドイツW社との技術提携・独占販売契約をもとに、日本国内市場ではユニークな「木・アルミ複合カーテンウォール」の企画・製造・販売・施工を手掛けています。

 当社の製品は、デザイン・品質・機能性に優れ、国内外から高い評価を得ています。平成13年度には北海道建築賞、日本建築士事務所協会連合会建築作品表彰<国土交通大臣賞>を受賞したほか、平成15年3月にはドイツで最も権威ある月刊建築誌bbaに当社が施工した北海道大学同窓会館「遠友学舎」が紹介されました。

 これを機に、社名及び製品が国内の設計業者に知れ渡り、北海道地域だけでなく、関東等道外からの受注が急増しました。施工実績は、個人邸宅、病院・診療所、博物館・学校・道の駅等の公共施設など広範に渡っています。

 最近では、新製品「ダブルスキンカーテンウォール」の製造・販売に注力しています。この製品は、従来品に比べ断熱性や機密性、遮光性がより一層向上しています。構造部材は従来と同様に木材で加工が容易なことから設計・デザインの自由度は高く、国内の協力工場や設計施工業者からも好評を得ています。

 現在、当社の製品は、取引先の大手ゼネコン等を通じて国内市場で浸透しつつあり、今後一層の受注拡大が期待されています。
陸別町診療所・保健センター(外観)
 
陸別町診療所・保健センター(内観)

支援内容
 平成14年度から、専門家派遣事業により貿易実務及び新製品開発に関わる支援を継続的に行いました。更に、平成16・17年度には「ダブルスキンカーテンウォール」の研究・開発助成を行いました。なお、平成17年度には、この製品の事業化に際し、販路確保のための市場調査助成や事業化資金の支援も併せて行いました。

企業者の声
代表取締役
飯田信男氏
 多角的な支援をしていただいたことに、心より感謝しております。これらの支援がなければ、今の私どもの技術基盤や経営基盤はあり得ません。更に、日常的な経営課題に対しても真剣に相談に乗っていただいたことが嬉しかったです。

担当者の声
 新製品開発から事業化までを支援させていただきました。同社の今後の更なる進展を期待しております。

 このように、財団法人北海道中小企業総合支援センターでは経験豊富なスタッフが段階に応じた支援メニューを用意してお待ちしておりますので、経営基盤の強化や新事業の展開等についてお気軽にご相談ください。

企業基本データ
代表 代表取締役 飯田信男
住所 北海道札幌市南区真駒内曙町4-10-1
電話 011-582-2521
e-mail iida@iimado.com
URL http://www.iimado.com
従業員 6人
業種 木製品製造業
主要製品 木・アルミ複合カーテンウォールの企画・製造・販売・施工

提携に関する情報
 当社製品の生産をお手伝いしてくださる木製品製造メーカーやアルミ加工業者様を探しています。