HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
「水」を使って優しい空気をつくる北海道発のテクノロジー
株式会社アモウ 平成18年
企業概要
 当社は、大手空調設備企業で技術責任者を務めていた天羽氏が、平成10年4月に設立した病院・福祉施設専門に特化した空調設備工事会社です。

 設備のメンテナンスや保守、設置工事などすべてを自社で対応するとともに、空調だけでなくボイラーや発電機設備の保守管理も一括して請け負うことから、当社の技術力は、高い評価と信頼を獲得してきました。

 また、「信頼・スピード・アイデア」をモットーに現場でいろいろな声を聞くことで、顧客のニーズを確認しソリューション(解決策)を提案するという、提案型の仕事を展開してきています。

 当社の看板商品である超微細な水の粒子(クラスター)を利用した空気清浄・消臭システムの「すいえんくん」は、このような仕事の取り組みが商品開発につながった事例です。病院等の施設管理業務を行う中で、「病院内のにおいや乾燥、あるいは院内感染を防ぐことができないだろうか」という顧客からの要望を解決するために試行錯誤の結果開発した製品です。

 平成17年には、超微細な水を活用した加湿器「ほしつくん」やセントラルシステム「すいえんくん&電気式冷暖房システム」を製品化しました。

 更に、札幌市の産業団地で、バイオ&IT関連産業が集積する都市型先端産業基地であるハイテクヒル真栄に研究所を設置して、技術力を高め食品製造関連や家庭用など、より幅広い分野で利用できる製品開発に取り組んでいます。
会社外観
 
すいえんくん 壁型

支援内容
 平成16年に、超微細な水の粒子(クラスター)を噴霧し、空気中のにおいや細菌、ほこり等を溶解・吸着させ、水と一緒に回収し排水する独自技術を用いた空調システム「すいえんくん」を評価し、その拡販に伴う増加運転資金等の調達のため投資(増資株式引受)を実施し、資本増強を支援しました。

 更に、「すいえんくん」の機能・特性を評価し、有効性を実証するとともに、顧客に対して展示・体験デモンストレーションを兼ね備える研究所の設置に際して、実験機器や工作機械等の設備導入を「設備貸与事業」で支援しました。

 また、「すいえんくん」のシステムを活用したスモーキングコテージの市場性評価のためのマーケティング調査に対する資金助成を実施し、平成17年には、人材育成(研修)事業として開催した「粉体基礎技術研修」の受講を支援しました。

企業者の声
代表取締役
天羽則博氏
 事業拡大時期に資金調達や販路開拓等の支援を受けました。

 特に、増資新株の引受支援は、資金調達面もさることながら取引上の信頼度向上につながり、営業力の強化をサポートしてくれました。

 今後も事業化の各段階で財団法人北海道中小企業総合支援センターの支援制度を利用したいと思います。

担当者の声
 同社の空気清浄・消臭システムは、時代のニーズを捉えたものであり、今後の成長が期待されます。

 このように自己資本の増強や設備投資への資金支援等目的に応じた支援策がありますので、お気軽にご相談ください。

企業基本データ
代表 代表取締役 天羽則博
住所 北海道札幌市清田区真栄363-25 札幌ハイテクヒル真栄
電話 011-887-4520
e-mail amou@amou-group.co.jp
URL http://www.amou-group.co.jp
従業員 30人
業種 環境装置製造業、病院福祉ファシリティ事業
主要製品 超微細水クラスター空気清浄・消臭システム「すいえんくん」