HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
スーパーFRPで省電力推進
株式会社 パワーバンクシステム 平成17年
企業概要
 当該企業は平成15年に有限会社キノシタとして法人化後、熊本県インキュベーションセンターに入居、同年県内最大のベンチャーマーケット「二火会」での発表を契機にNTTネオメイト中九州との連携した省エネルギーサービスを開始し、「力率調整システム」の産学共同研究着手、特許取得と矢継ぎ早の活躍をしてきた。また、この技術により昨年の中小企業基盤整備機構主催のベンチャープラザ九州選抜にて上位ランクされ、ベンチャープラザファンドin東京にも九州代表として出場した。平成16年11月に(株)パワーバンクシステムに組織変更を行った。

 この度、熊本大学との共同研究により「高断熱性FRP板」を開発し販路開拓に奔走中である。当該製品はFRPの一般的な特徴である、[1]防水・耐腐食性に優れ、[2]軽量、[3]成型・修理が容易である上に、独自加工による断熱効果の持続で省エネルギー(他社比較:電気代1/3)を達成している。特に、鉄、ステンレス製筐体と比較20%、標準のFRP性と比較しても13%の遮熱性があることが熊本大学での実験において立証されている。現在、NTTのIT通信機器の屋外収納BOXに採用されている他、大手メーカーの浴槽、蓄熱タンクへの採用の為の実用化実験が進んでおり、一般建材への使用も十分可能である。技術は国内のみならず海外にも展開可能で、現在中小企業基盤整備機構の専門家の協力を得て海外特許取得に動いている。
NTT仕様製品

支援内容
 当該企業の成長に伴い各種の相談に対応し支援を行なってきたが、特に販路開拓及び資金調達の指導・支援を行ない、当該企業の課題は達成されている。今後、当該製品の外国特許申請の支援を行うことになるが、中小企業基盤整備機構の専門家と協力して作業を進め、海外への当該製品の紹介をも支援したい。

企業者の声
代表取締役
木下雅章氏
 ・販路開拓の為の情報、ご支援により、大手企業(NTT関係、INAX)との契約、試作品製作の注文を頂ける事になりました。

 ・生産設備に必要な、資金面でのご指導の結果、事無く生産設備を整える事が出来ました。

 ・その他、ご支援頂いた結果、創業より2年半になりました。

担当者の声
 過去に発表した「力率調整システム」、今回の「高断熱性FRP板」、近々には電力関係の測定器の発表を控え、CO2の削減を開発テーマとした当該企業の開発テンポは非常に速く、その度毎に新たな支援を必要とする。が、支援効果が顕著なベンチャー企業で、近い将来には熊本県を代表する企業、経営者として注目されると期待している。

企業基本データ
代表 代表取締役 木下雅章
住所 熊本県熊本市御幸笛田5丁目1-15
電話 096-334-6311
e-mail kinoshita@powerbs.co.jp
URL http://www.powerbs.co.jp
従業員 2名
業種 製造業
主要製品 ・受電設備の「力率調整システム(特許取得)」による設計・施行
・高精度電力測定器の開発・販売
・「高断熱性FRP板」の研究開発、販売

提携に関する情報
 ・NTTネオメイト中九州、九州電機とのITキャビネット他ボックスによる業務提携