HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
インターネットを介した医事ソフト提供で、医療の質と効率の向上をサポート
株式会社アップルドクター 平成17年
企業概要
 吉田内科医院を運営する吉田医師が、平成4年2月に当社を設立。以来10数年間、年々経営環境悪化が囁かれ合理化・効率化が必須の中小病医院・診療所をメインターゲットとし、コストパフォーマンスが高い医事会計システム「アーチャンレセプト」を開発・販売してきた。平成9年には東京営業所を開設、全国に営業活動を展開し、現在は医療機関に約600件、最近では財務省が管轄する24ケ所の医療機関への納品実績がある。

 当社設立当初より、やがて将来は電子カルテ化の時代が来ることも視野に入れ、医事会計システムと並行して、電子カルテシステムの研究・開発も進めてきた。臨床の現場でしか得ることができないフィーリングや、試行錯誤しながら蓄積した長年の研究の成果を、我が国初の本格的なASP(アプリケーションサービスプロバイダー)方式電子カルテシステムとして製品化した。

 ASP方式は、システムを販売するのではなく、使用権の賃貸契約のもとで、インターネットによって使えるようにしたサービスであり、既に1年程前より試験的にリリースを開始している。この先進的なコンセプトが評価され、平成17年4月からは、経済産業省プロジェクト「医療情報管理者(CIO)育成のためのモデルプログラム開発事業」で使用される電子カルテとして、20台中の15台に採用されるなど、徐々に納品実績を伸ばしている。

 日本保健医療情報システム工業会の一員として、厚生労働省プロジェクト「電子カルテのセキュリティ設計」、並びに、経済産業省プロジェクト「医療情報流通基盤整備委員会」の委員としてメインフレームメーカーと共に活動している。
アーチャンカルテ
拡大図

支援内容
 医事会計分野のデータ入力時のルール化について指導要請があり、「専門家派遣制度」を利用して医療保険関係にも詳しい専門税理士を派遣した。吉田内科医院の経理会計業務を対象として、日々の事務処理、月次・年次決算等の総括処理について、誰にでも分かるルール作りを目指し、現状分析を手始めに問題点の発掘を行ない、7回にわたる派遣指導の結果、マニュアルが完成した。これは、吉田内科医院の会計管理システムにとって、そして、やがて当社が開発した医事会計システムにとっても、データ入力の基本要領となった。

 このほかに、当社開発製品の販路開拓支援として、取扱ソフトおよびシステムの事業提携相手に、日本最大の調剤薬局チェーン等を紹介した。

企業者の声
代表取締役
吉田 彬氏
 ソフト開発に関しインストラクター派遣等の支援を受け、今後市場成長が見込まれる電子カルテシステムに関する開発の方向性、基礎技術について評価および指導をいただき、先進的なASP運用対応電子カルテシステムを製品化できた。

担当者の声
アドバイザー
志方国明氏
 医療分野の電子カルテシステムの開発は、激変する当業界にあって、とりわけ利用者サイドに立った製品化が要請されます。そうした中にあって、医療現場に携わる吉田先生の卓越した経験と勘がASP型電子カルテシステムの実用化に向けて動きだしたことで、今後市場化が進むものと期待されます。

企業基本データ
代表 代表取締役 吉田 彬
住所 長崎県佐世保市権常寺町405-8
電話 0956-26-5300
e-mail info@apple-doctor.co.jp
URL http://www.apple-doctor.co.jp/
従業員 12名
業種 サービス業(ソフトウェア業)
主要製品 レセプト作成ソフト「アーチャンレセプト」、電子カルテシステム「アーチャンカルテ」