HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
世界初磁器製「有田焼万華鏡」の開発と販売
有限会社佐賀ダンボール商会 平成17年
企業概要
 当社は昭和33年10月会社を設立し、有田焼の化粧箱、段ボールなど紙製品に関するあらゆる商品機材の製造、販売を行っている。特に梱包・資材分野で貢献できるよう、デザインや新素材の工夫や研究を続けています。また、新市場開拓のための新商品開発として、平成15年度「たくましい佐賀企業づくり支援事業」の認定を受け、世界初の磁器製有田焼万華鏡を開発しました。

 イギリス200年の伝統工芸である万華鏡と日本400年の伝統工芸である有田焼の世界初のコラボレーション商品として、欧米を凌ぐ高い精度と品質をもった有田焼万華鏡の開発を目指しました。世界的な万華鏡作家、有田焼の著名窯元や陶磁器製造会社、佐賀県内の伝統的硝子・ビードロ製造会社等12の異業種のプロの衆知と技術を集めて開発しました。

 この有田焼万華鏡は、平成16年5月販売開始以来、新聞、テレビ、雑誌等、マスコミでも度々取り上げられ、大手百貨店や航空機内誌での販売など、大きな反響を呼んでおり、順調に販売成績を収めています。また、万華鏡は欧米で人気が高く、アメリカでの販売も開始しました。

 さらに、本年4月より、国の支援を受け大型有田焼万華鏡もタイプの違う7商品も開発いたしました。第一号“手鞠”は、筒五十センチ、高さ百四十センチ、重さ四十キロのホイール型万華鏡です。学校・結婚式場・介護・病院・町おこし事業等の新たな市場を期待しています。当社はこれからも多くの人に喜ばれる世界初の商品を次々と開発し、有田の町を元気にしていきたいと願っています。
有田焼万華鏡
展示会風景
 
大型高級有田焼万華鏡
“手鞠”
写真一覧

支援内容
 ○「事業可能性評価委員会」へ上程(平成17年3月)
事業可能性評価委員会に上程、ビジネスプラン作成支援及びプレゼンテーション助言を行った。事例タイトルプランは高い評価を受け、支援策紹介、あっせん等を行った。

 ○「佐賀県ベンチャー交流ネットワーク」入会(平成17年5月入会)
佐賀県ベンチャー交流ネットワークに入会、事業提携・情報交換等の場を提供した。

 ○「販売・広報」支援
大手百貨店、商社、テレビ局等への紹介を行い、百貨店での展示会やテレビ放映に繋がった。

 ○「佐賀県トライアル発注」申請への助言(平成17年10月佐賀県立宇宙科学館採択)
大型高級有田焼万華鏡“手鞠”の佐賀県トライアル発注製品申請への助言を行った。

 ○「佐賀県ブランド支援事業」申請への助言(平成17年度10月採択)

企業者の声
代表取締役副社長
石川慶藏氏
 世界初の商品を開発し、その販売網を広げていく中で、商品開発や販売体制等の課題が次々に生じてきた。その都度、専門家の方々のタイムリーなアドバイスや協力に感謝しています。特に、大型万華鏡のトライアル制度採用やマスコミでの全国紹介は大きな自信になりました。来年からは、海外にも積極的に展開していきたいと思っています。

担当者の声
プロジェクトマネージャー
築島正文氏
 同社副社長が、有田焼2大メーカー、ガラスメーカー、作家などへ働きかけられ、みごとビジネス連携を実現され、全ての人に夢と感動と生きる力を与える「有田焼万華鏡」を生み出され、高付加価値ビジネス成功への道を歩まれています。

企業基本データ
代表 代表取締役社長 緒方暢子
住所 佐賀県西松浦郡有田町赤坂有田焼卸団地
電話 0955-43-2424
e-mail sagadan@alpha.ocn.ne.jp
URL http://www.arita.gr.jp/sagadan
従業員 22名
業種 製箱業・有田焼商品企画開発
主要製品 有田焼用化粧箱・ダンボール箱当製造販売、有田焼万華鏡の製造販売