HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
銀加工30年の腕、ネット販売で急成長
合資会社 G-victure(ジービクチャー)
店舗名:シルバーアクセサリー銀屋
平成17年
企業概要
 東京の宝石問屋街「御徒町」で宝石職人として13年間修行してきた大将(店主)が、地元の高知に戻りオープンしたアクセサリーショップ「銀屋」。大将を支える佐川代表が、「実店舗で販売している品質重視の商品を地元にとどまらず全国に発信したい」との想いから、平成15年にネット販売部門を立ち上げ、持ち前のバイタリティーと行動力で吸収したノウハウを発揮し、開店3ヶ月で月商300万円を達成した。

 サイト運営では、ウエブページ(インターネット表示画面)から「品質重視、こだわりのある商品」というセールスポイントを理解していただくのに苦心。店の品格作りを特に重視し、お客様が「情熱を持った商品作り」を感じ取れるように“職人の作業風景”や“アフターフォロー”のコンテンツ(情報内容)を充実させ、その商品を実際に手にとって見なくても商品の高級感が想像できるような画面表示作りに取り組んできた。

 こうした努力の結果、ホームページの充実度はめざましく、原型からこだわりをもって作られるアクセサリーが注目され、テレビドラマ用の商品依頼や、専門雑誌などのマスメディアによる取材要請がつぎつぎと入り、これらのメディアを通じた情報発信も売上アップに貢献している。

 宝石職人だからこそできる商品を、価格で販売するのではなく、高い品質とサービスを保証する「技術と信頼」を買っていただくポリシーを貫いていく銀屋。今後は、シルバーアクセサリーで培ったインターネット販売のノウハウをいかし、ギフト商品など新分野への挑戦も企画している。
シルバーウォレットチェーン

支援内容
 佐川代表は、平成15年、オンラインショップ売上向上支援講座「高知e商人養成塾」に3期生として入塾。インターネット販売で実績を上げている第一人者に指導を受け、塾の目標である月商100万円を短期間で突破している。

 年間6回開催されるe商人養成塾のオープンセミナーでは、そのとき全国で最も活躍中のオンラインショップ運営者のノウハウが紹介されるが、佐川代表も人気を博した。

 セミナーで培った全国に広がるショップオーナーのネットワークは、ショップ運営に関する最新の情報収集の場となり、地域を超えた連携プロジェクトに役立っている。

企業者の声
代表
佐川凛子氏
 高知県産業振興センターが主催する「e商人養成塾」に入塾したことによって、セミナーの講師として招かれる国内でトップクラスの有名オンラインショップオーナーや塾のOBの方々との出会いに大きな刺激を受け、本格的にWebビジネスの世界に参入する契機となりました。

 今も、この第一線で活躍する著名な人達や塾のメンバー、OBの人達とのネットワークが大きな財産となっていることは言うまでもありません。また、この研修を通じて専門家の岸本先生から学んだWebビジネスにおける第一線級のノウハウは、当社の未成熟だったWebマーケティング戦略の構築に大きな影響を与えてくださり、当社のビジネスモデルの変革にも大変役立ったことに感謝しています。

担当者の声
 佐川代表は、地元企業が集まるネット販売の勉強会でも中心的な役割を果たし、首都圏等にも積極的に勉強に行く抜群の行動力の持ち主。全国に商圏が広がるネット販売は、地方中小企業の販路として最も効果的であり、これからも高知のネットショップを引っ張る存在として期待しています。

企業基本データ
代表 代表 佐川凛子
住所 高知県高知市追手筋1-9-11
電話 088-871-0139
e-mail mail@ginya-shop.com
URL http://www.ginya-shop.com
従業員 3名
業種 貴金属・アクセサリー製造販売業
主要製品 シルバーアクセサリー