HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
高級木造住宅ハウスメーカーへの販路拡大
株式会社キプロ 平成17年
企業概要
 当社は銘木を用いた継ぎ目のない曲線階段など、世界初の技術でこだわりの住宅にワンランク上の上質を提供する専門メーカーである。

 昭和44年、木製建具店としてスタート、建具、住宅の作りつけ家具や、官公庁発注の公共建築物の家具を受注製造してきた。しかし、官公庁発注の事業は繁忙期が集中するため、年間を通じて安定した仕事を求めて自社商品の開発に取り組む。

 まず平成8年に、天然木を彎曲させる技術を確立し、彎曲単板製法による玄関かまちの特許を取得する。銘木が醸し出す優雅な曲線美は、住宅メーカーの目にとまり、主に高級ラインの住宅ブランドのオプションとして採用されることとなる。

 次にかまちの製法を応用し、世界初の木製長尺3次元加工(一本の木材をあらゆる角度に曲げ加工する)技術を確立し、手すりに全く継ぎ目のない曲線階段を開発することに成功。

 これらの技術が認められ、大手木造ハウスメーカーから、継ぎ手金具不良による事故をなくす継ぎ目のない連続手すりの開発を提案される。しかし、これまでの技術では一品物になるため、ハウスメーカーの標準商品(工業製品)としてはコスト的に成り立たないものであった。

 そこで低コストであらゆる階段形状に適合させる技術開発に取り組み、非常に少ないパーツで継ぎ手金具を用いず、内回り外回りにも対応した連続手すり「メタレス」を開発。ハウスメーカー現在標準品として、年間を通して安定受注につながっている。
アール階段

支援内容
 ・平成9年、高知県ベンチャー企業総合支援事業により、特許を取得した玄関かまちの新規性並びに実用性が認められたことから、融資を実行し、商品化を支援した。

 ・平成10年、高知県地場産業大賞受賞

 ・ビジネスサポート事業の活用
東京駐在のビジネスコーディネーターの紹介により、首都圏の住宅メーカーに営業展開し、玄関かまち→手すりと採用実績を拡大中である。

 ・平成16年、天然木丸棒手すりが高知県県内製品重点支援プロジェクトに採用され、販路拡大に向けてコーディネーターによる支援、補助金活用等、重点的な支援が行われている(3年間)。

企業者の声
社長
上山義明氏
 重点支援を受けた事で多くのアドバイスを受ける事が出来、自社努力だけでは難しい大手メーカーへの営業や販売に繋がったことが当社にとって大きなメリットと感じており、支援事業に大変感謝しています。

担当者の声
 納入商品は今まで一度もクレームがないという、確かな技術を持つキプロさんだからこそ安心して販路開拓のお手伝いができます。新たに営業担当者を設け、ビジネスコーディネータの指導を受け、今後の営業展開が楽しみです。

企業基本データ
代表 代表取締役 上山義明
住所 高知県南国市双葉台18番地
電話 088-804-8228
e-mail kipuro@mvg.biglobe.ne.jp
URL http://www2u.biglobe.ne.jp/~kipuro/
従業員 18名
業種 住宅用木製品製造業
主要製品 彎曲住宅資材造作材
R階段、玄関かまち、壁手すり