HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
資源保護を考えた21世紀に対応できる
環境にやさしいパッケージ作りに挑戦!!
株式会社TAMU 平成17年
企業概要
 当社は、倒産した紙箱製造企業の技術・人材等の経営資源を引き継ぎ、独自技術によって資源保護を考えた21世紀対応型の環境にやさしいパッケージ創りに挑戦する新しい会社として平成15年2月に設立された。

 従来のパッケージといえばあくまでも脇役であり商品の入れ物として使い捨てのイメージであった。ギフトの場合は、見た目がモノを言い、贈る側のセンスは、まずパッケージに現れる。さらに、環境を考える時代と言われる21世紀においては、消費者のごみ処理法にまで配慮する必要がある。そこで当社は、消費者が処理方法に困るプラスチック・木・金属製の容器に替わって、資源ごみとして扱いやすくかつリサイクルに適した紙製パッケージのオリジナル商品を開発し製造販売している。当社独自の紙ダル製造技術によって、330kgまでの圧縮降伏荷重にたえられるほどの高強度をもつほか、冷凍・冷蔵耐性にも優れ、幅広いパッケージングに対応可能であり、さらに、軽量であることと、積み重ねができる先細りとなったテーパー形状により輸送費や在庫スペースを大幅に削減できるのも特長。既に採用している和洋菓子店や漬物・海産物店等から好評を得ているほか、同技術を利用したおしゃれな紙製ごみ箱も、生活雑貨店において好評販売中である。また平成17年1月には、愛媛県から「優良リサイクル製品」の認定を受けるなど循環型社会推進のモデルとして高い評価を得ている。

 当社の売上に対する当該商品のウェイトはまだ小さいが、主力商品として育て上げるべく、今後も機能性の向上及びハイセンスなオリジナル商品の開発に取組んでいく。
オーダーメイドギフトボックス
写真一覧

支援内容
 1.「パイオニア」の活用による資金調達及び専門家派遣

 当社は優れた技術を持ち優秀な商品を製造する能力を有していたが、財務体質が脆弱で資金繰りに窮していた。そこで、(財)えひめ産業振興財団では事業資金調達支援策である「パイオニア」(財団から金融機関へ無担保融資の推薦を行うとともに、専門家を1年間無料で派遣する制度)を活用して無担保での融資実行を斡旋するとともに、専門家を派遣して、生産性の向上や営業力の強化等による財務体質の健全化を支援している。

 当社の代表者である田村克彦氏は、当社を設立する以前は経営実務の経験がなかったため、経営トップとしての壁に突き当たっていた。財団からの金融機関への推薦によって円滑に長期運転資金の融資を受けるとともに、専門家の派遣によって、同社にとって最大の課題であった生産工程の「ムリ・ムダ・ムラ」を徹底的に排除することによる採算性の向上と営業力の強化による売上高増加に取り組み、効果を挙げている。

 2.知名度向上への支援

 当社商品の拡販にとって、知名度の低さがネックとなっており、見本市・展示会への出展支援や新聞・TV・ラジオなどマスメディアへの紹介を通じて地名度向上への支援を行っている。

企業者の声
代表取締役
田村克彦氏
 公的機関の推薦によって信用力が向上し、無担保での融資を受けることができたのは、非常にありがたかった。また弊社にとって、専門家の先生の経営全般(製造・工程・在庫管理、営業、財務)にわたるきめ細かなご指導は、特に言い尽くせないほどの価値がある。

担当者の声
 「パイオニア」は、新事業の成功にとって最大の関門である資金調達に対する支援であるとともに、専門家のきめ細かな経営支援によるアフターフォローを受けることができる点が大変好評です。ぜひご相談ください。

企業基本データ
代表 代表取締役 田村克彦
住所 愛媛県松山市久万ノ台310-1
電話 089-926-1711
e-mail tamu@sgr.e-catv.ne.jp
URL http://www.geocities.jp/tamunohako/
従業員 17名
業種 紙器製造業
主要製品 印刷紙器、各種紙箱、紙ダル(紙製包装容器・紙製ゴミ箱等)の企画・製造・販売