HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
ユニバーサルなホームページをユニバーサルな作業環境でつくる
有限会社ユーディースタジオ 平成17年
企業概要
 ユニバーサルデザインは、「作成段階から、人種・性別・年齢・障害などの違いに関係なく、全ての人にとって使いやすいものを目指す」発想であり、情報のユニバーサルデザインは、アクセシビリティー&ユーザビリティー(共に「利用しやすさ」)を追究した「誰にもやさしい」サイト(情報場面)制作を意味する。

 高橋社長は、平成16年に起業しホームページの制作を行なっているが、当初からこの考え方に共鳴し、障害者、高齢者に見やすく、健常者にも使いやすいホームページの制作をテーマに活動してきた。ユニバーサルデザイン普及団体「かがわユニバーサルデザイン研究会」およびIT在宅就労支援団体「ユニバーサルデザイン・メディア工房」に所属し、理事として活動しており、メンバーと協力して、ユニバーサルデザインのコンテンツ(情報内容)管理システムを開発した。

 このシステムでは、ホームページ下のボタンでテンプレート(ひな型)を表示させ、その中から文字の大きさ・色など自分が望むデザインを選択することができ、ユーザーの望む見方で情報を利用できる。このデザイン選択により、弱視・色覚異常などの障害者、視力が弱くなった高齢者はもちろん、健常者も自分の望むデザインでホームページを見ることができる。もちろん、目の不自由な方もテキストリーダーで読み上げることができる。また、ユーザーは、特別な知識が無くても、ホームページから記事等を自分用に簡単に保存登録することができる。

 当社はホームページのデザインおよび監修を行なうが、コンテンツ登録等の作業はユニバーサルデザイン・メディア工房(以下UD工房)に委託している。UD工房では、本システムにより、障害者が在宅で作業できる仕組みを構築している。健常者と障害者が同じように作業できる環境もユニバーサルデザインの要件と定義し、現実にその普及活動を行なっている姿でもある。

 WEBアクセシビリティーを規定した日本工業規格「JIS X 8341-3 高齢者・障害者等配慮設計指針」の施行(平成16年6月)により、行政を中心として、ユニバーサルデザインが注目されている。現在、香川県県民参画課、高松市、近畿財務局などのホームページが本システムによって構築されているが、更に、一般企業へのユニバーサルデザインの普及をテーマに活動している。
製品
拡大図

支援内容
 平成15年、ユニバーサルデザイン・ホームページ制作をテーマに、IT(情報技術)関係のインキューベート施設であるITスクエアーに入所した。当初は、事業の方向性についての相談が中心で、その検討を支援し、フォローしてきた。

 当時、現在のシステムのプロトタイプ(原型)は構築されていたが、機能的に満足のいくものではなく、機能の拡張を必要としていた。そこで、平成16年度ベンチャースタートアップ事業に採択し、この補助金によってシステム開発を完了し、デザインの改良および操作性の向上を図った。

 このシステム機能の優位性をもとに、高松市など大型案件の受注につなげることができた。

企業者の声
代表取締役
高橋輝氏
 ITスクエア入居当初は事業化および普及の方法が具体的に見えなかったが、窓口相談を通じて方向性が定まってきました。昨年度はベンチャースタートアップ事業に採用され、事業化の自信と対外的な信用を得ることができました。

担当者の声
コーディネーター
中庭正人氏
 高橋社長は、ユニバーサルデザインを取り入れることで、健常者、障害者共に暮らしやすい社会を実現することを目標に活動している。この活動を無償ボランティアではなく、ビジネスとして構築するために活動している。使命感の高さに賛同する仲間との協力により、コミュニティビジネスとして形になりつつある。

企業基本データ
代表 代表取締役 高橋 輝
住所 香川県高松市林町2217-15 ITスクエア2103号室
電話 087-867-8599
e-mail it0301@it.kagawa-isf.jp
URL http://it.kagawa-isf.jp/~it0301/aboutus.html
従業員 1名
業種 サービス業(ホームページ制作)
主要製品 ユニバーサルデザイン・ホームページ制作

提携に関する情報
 ウェブサイトのユニバーサルデザイン化についてご相談ください。