HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
『形状記憶合金を用いた収縮性素材の開発』で、
革新的な新製品開発を目指すアイデア社長
株式会社エム・イ・テック 平成17年
企業概要
 平成3年設立の若い小さな会社であるが、技術力・着眼力では全国ブランドの大企業と互角の勝負が出来る企業である。FA制御技術、電力関係制御技術を基盤としたノウハウと、外部の専門技術者との共同研究を融合し、積極的なITシステムの開発を実施してきている。

 技術力を正当に評価しない地元中堅企業の下請けから脱却し、当社を高く評価している全国大手電機メーカーの受注を着実に増やしている。「顧客ニーズの大満足」を合い言葉に、顧客や地球環境に目配り・気配り・心配りをして、技術力・創造力・高品質・低コスト・納期厳守の向上に日々努め、まじめに地道に正義感をもって取り組んでいる当社を評価しての選択である。

 仕様書・提案書作成からソフトウェアの開発・設計及びハードウェアの設計・製作から現地工事・立ち上げ・メンテナンスまでを海外を含めトータルでシステム受注出来る高い技術力を有し、小回り・即応性・対応力がある世界に通用する小さなメーカーを目指している総合エンジニアリング企業である。

 平成16年度に中小企業経営革新計画承認を取得した「医療生体情報モニタードクターコミユニケーションシステム」に続き、「形状記憶合金を用いた収縮性素材の開発」で様々な商品の事業化を目指している。例えば、モーター無しに開閉する静音カーテン、ポンプコンプレッサ無しの小型で軽い血圧計用カフ等、多用途の新規商品が可能となる。ヒットメーカーの可能性を大きく秘めた企業である。
機械

支援内容
 平成16年度に、「FA及びITの基盤技術を応用した医療生体情報モニタードクターコミユニケーションシステム(患者から離れた場所にいるドクター等を対象に、生体モニター機器から得た患者の生データをパソコン・携帯電話等を使いリアルタイムに提供)の構築」をテーマとした中小企業経営革新計画の承認を香川県知事より取得した。

 この経営革新計画取得のための申請書作成にあたり、香川県の支援センターとして、テーマの絞込み、アクションプログラムの設定、売上・付加価値・資金計画等作成の指導等を行なった。経営革新計画のもう一つの切り口は、エネルギーFA技術の受注受身型体質から「メディカルITシステム会社」への新規事業分野に取組み、自律型経営に向けた事業戦略の構築であった。経営革新計画を策定していく過程で、当社の歩むべき方向性の正しさが検証されたことも有意義であったと言える。

企業者の声
代表取締役
前田博文氏
 全国ブランドの大企業に勝るとも劣らない情報技術と自動化システムの企画力は素晴らしく、小回りの良さと確かな技術力に裏打ちされた当社は、価格競争にも強いと定評がある。

担当者の声
コーディネーター
村尾俊二氏
 人材の活用策を暗示する標語が印象的であった。阿讃の山並みを遠望する高台の同社工場で、着眼に秀でた前田社長の人柄を思わせる『目くばり、気くばり、心くばり』の標語が活きる。

企業基本データ
代表 前田博文
住所 香川県綾歌郡綾南町大字陶2892-1
電話 087-876-4227
e-mail metec@mail.netwave.or.jp
URL http://www.netwave.or.jp/~metec/
従業員 10名
業種 システム制御装置・設計・製作・施工
主要製品 開発部門:プリント基板、ソフト、装置開発、各種コントロール装置開発
FA部門:プラント自動制御の開発、設計、製作、工場の自動開発
OA部門:学校業務支援ソフト等、機械部門、電気工事部門等

提携に関する情報
 システム制御装置等の開発・設計・製作分野で、高評価の株式会社エム・イ・テックに、是非、ご一報されてはいかがでしょうか。