HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
利用者の視点から役立つ生活情報を提供
有限会社 南々社 平成17年
企業概要
 山口県出身の西元社長は、東京の出版社で幅広い分野の取材活動を経験したのが事業の原点となっている。

 1991年に故郷に程近い広島でフリー編集者・ライターとして活動を始め、1995年に(有)西元俊典編集室を主宰。

 1999年に(有)南々社に社名変更し、本格的に出版事業を開始した。

 病院、弁護士、飲食店や温泉などを事前に設定した各項目について星(☆)の数で評価した「暮らしに役立つ評価ガイドシリーズ」をはじめ、アウトドア、歴史・文化、文芸・エッセイなどこれまでに約50タイトルを出版。

 「利用者の目線からの編集を心がけ、役立つ生活情報を提供すること」が同社の基本ポリシーである。
暮らしに役立つ評価ガイドシリーズ
(医者、弁護士)
写真一覧

支援内容
 本格的に出版事業をスタートさせた1999年に、会社経営には素人だった西元社長は、資金調達や人材確保、販売方法など様々な悩み事を相談された。

 2000年にはベンチャー企業支援融資を受けて事業資金を確保した。

 2002年の「ひろしまベンチャー交流サロン」でビジネスプランを発表。また、展示会では、「ベンチャーメッセひろしま(広島)」を皮切りに、2003年の「ベンチャーひろば2003(東京)」、2004年にも「ベンチャーメッセひろしま(広島)」に参加したことで事業提携や書店以外への販路開拓などのヒントを得ることができた。

企業者の声
代表取締役
西元俊典氏
 「将来的に『暮らしに役立つ評価ガイドシリーズ』をインターネットやモバイルサイトを通じて広く発信し、出版との相乗効果を図りたい」という新たな事業展開を目指す中で、支援センターを通じて地元のIT企業と協力関係を構築することができた。

 システムの開発を担うパートナーと出会ったことで、ITを使った新事業は動き始めている。

担当者の声
 今後、同社では活字とITを融合し、出版業にとどまらず総合情報企業を目指し、暮らしに役立つ情報を発信していく。

 引き続き、販路拡大を重点に展示会への出展支援等図ってゆく。

企業基本データ
代表 代表取締役 西元俊典
住所 広島市東区山根町27-2
電話 082-261-8243
e-mail renn@cisnet.or.jp
URL http://www.galilei.ne.jp/nannansha/
従業員 3名
業種 図書出版業
主要製品 暮らしに役立つ「評価ガイドシリーズ」、大人の総合誌「がんぼ」他