HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
筋電計測装置から次世代型福祉機器の開発へ
有限会社 追坂電子機器 平成17年
企業概要
 (有)追坂電子機器は、電子機器や産業用ロボット、FA(ファクトリーオートメーション)用生産システムの企画・開発・製造を手がけている。

 これらの蓄積した技術を基に同社が開発したのが筋電計測装置である。

 この装置は、筋肉を動かす時に発生する電気信号を読み取るもので、主にスポーツ選手のトレーニングやリハビリ用途などで用いられている。

 しかし、同社はこの筋電計測技術を電動義手や要介護高齢者の生活支援システムなど次世代型の福祉機器の開発に応用すべく果敢に挑戦し、無限に広がる夢を追い続けている。
筋電計測装置

支援内容
 筋電計測装置を支える中核技術が「サイバーセンサー」と呼ぶもので、被測定者の体から発生する筋電信号を増幅して必要な信号のみを抽出し、パソコンなどで解析するための特殊なセンサーである。

 この技術で2002年「中小企業創造活動促進法」の認定をうけた頃から、広島県中小企業・ベンチャー総合支援センターとの関わりが始まった。

 商社、証券会社及び機関投資家等との出会いの場である「ひろしまベンチャー交流サロン」で当社はプレゼンテーションを実施したのを皮切りに、「ベンチャーメッセひろしま(広島)」や「ベンチャーひろば2004(東京)」などへの出展し、販路拡大や事業提携につなげていった。

企業者の声
代表取締役
追坂則弘氏
 もともとは大手メーカーなどから電子機器の受託開発を手がける技術者集団。

 初の自社製品となる筋電計測装置の第1号機にかかる資金調達・販路開拓の方法を相談したが、それ以降、ビジネスプランのプレゼンや展示会への参加を通じて研究開発のパートナーが広がっていった。

担当者の声
プロジェクトマネージャー
保田紀孝氏
 今後の事業展開は、筋電計測装置とその周辺技術を使った「次世代福祉機器の開発」であり、これらの早期実用化を期待し今後も支援を続けていく。

企業基本データ
代表 代表取締役 追坂則弘
住所 広島県深安郡神辺町川南2101の3
電話 084-963-2890
e-mail
URL http://www.oisaka.co.jp
従業員 6名
業種 電子応用装置・機器・ロボットの企画・開発・製造、OA・FAソフトウェアの企画・開発・保守
主要製品 筋電計測装置