HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
インキュベーション施設利用によるアーリーステージ支援
地域ファンド(※)利用による事業拡大
有限会社ティーエム二十一 平成17年
企業概要
 当社の経営者は、かねてからネットの将来性や可能性に大いに関心をもち、温めてきたビジネスアイディアの実現のため、大手信用調査会社を退職。

 家族の反対にあいながらも、「人生後半、自分の夢に翔けてみたい」との思いで説得し、「年収1/3、夢10倍」の決意で起業。

 平成13年(2001年)に、島根県が研究開発型工業団地に整備したテクノアークしまね内のインキュベーション施設に入居。

 地域事情にマッチしたWeb不動産物件管理システムを松江工業高等専門学校との共同で開発し、ASPとして提供。地域不動産業界のIT化促進と物件流通の効率化に貢献している。

 また、本格的にWebを活用してゆくためのツールとして誰でも簡単にホームページの作成更新ができる『ホームページ自動作成システムWebPage21(商標登録第4794155号)』の開発を行い、ASPとして提供。

 官公庁・自治体をはじめ中大規模事業所で多くの利用されることとなった。

 『しまねIT大賞2003 ビジネス部門』大賞受賞、平成16年(2004年)には、中小企業基盤整備機構主催『ベンチャープラザ中国2004』で、当社開発のCMSホームページ自動作成システム『WebPage21』のビジネスプランを発表。

 「ネットで人の輪を広げたい!」との一心で、日夜情熱を注いで、ネットビジネスを展開。

 平成17年(2005年)、インキュベーション施設の創業支援段階を卒業、同じくソフトビジネスパーク島根内のポスト・インキュベーション施設「ゆめっくす北陵」に事務所を移転し、事業者として新たなスタートをきった。


 ※元中国経済産業局長田辺氏などを主宰で、県民から出資を募り、ファンドを創設。ファンド規模1,400万円、投資額100〜200万円。ファンド・出資規模とも小額ではあるものの、地域で起業家を育成し、そのために県民が一丸となって起業家を応援するという雰囲気を作り上げた。
ホームページ
拡大図

支援内容
 インキュベーション施設入居によるアーリーステージの事業展開の支援を行うとともに、松江工業高等専門学校との産学連携による研究開発を支援するとともに開発資金の調達を支援。

企業者の声
代表取締役社長
宮崎 照氏
 50才を前にした、しかもインターネットという秒進針日歩の分野での新規創業で不安だらけのスタートでしたが、充実した施設環境とともにインキュベーション・マネージャーをはじめとした財団スタッフの皆様の親身になったサポート体制に支えられ、夢に向かって思う存分に挑戦することができました。本当に感謝しています。

担当者の声
 経営理念を邁進し、決して背伸びしないビジネスに心がけている。

 いまでは後輩インキュベーション施設入居企業へ伝承すべくメンターとして、そして良き兄貴分として後輩起業家の支援を手伝っている。

企業基本データ
代表 代表取締役社長 宮崎 照
住所 島根県松江市北陵町52-2 ソフトビジネスパーク島根 ゆめっくす北陵2階14号室
電話 0852-60-6810(電話)
050-3473-8658(IP電話)
e-mail info@tm-21.com
URL http://www.tm-21.com
従業員 常勤5名(代表取締役、取締役、監査役含む)
非常勤1名
社外スタッフ3名
業種 インターネット付随サービス業
主要製品 [1]システム開発及びASP事業
・CMSコンテンツマネジメントシステム「WebPage21」
  ※ホームページ自動作成・更新・生成システム
・Web不動産物件管理検索システム
  ※山陰不動産ナビ
[2]地域ポータルサイトの運営
  1)山陰ホームページナビゲーター
  2)嫁婿ドットコム
  3)山陰不動産ナビ
  4)ふるさと山陰就職ナビ
  5)山陰女性サイト「わ・ら・う〜まん」
  6)山陰の元気印(元気企業・元気人)
[3]ホームページ制作
[4]サーバーレンタル・ドメインサービス