HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
獲れた産地で超急速凍結・消費地で高鮮度解凍。「リ・ジョイスシステム」を利用した新しい流通システム。
アルファシステム株式会社 平成17年
企業概要
 当社は平成3年3月に創業し、スタート期に食肉用の解凍システムを開発し、特許出願するなど順調な滑り出しであったが、平成7年1月の阪神・淡路大震災で大きな被害を被った。しかし、社長のリーダーシップと独自の技術力で再起することができ、平成8年度には「リ・ジョイスシステム」の新規性が評価され、(財)兵庫県中小企業振興公社(現:(財)ひょうご産業活性化センター)から新産業創造キャピタル(NECCS)の投資を受け、さらに、平成12年度には生鮮魚介類の凍結・解凍装置の開発による兵庫県の技術向上奨励費補助金を受けるなど、開発を進めてきた。また、平成15年から大手企業との提携など、将来性が期待できることから、平成16年度に「中小企業支援ネットひょうご」の元気企業として選定を受け、支援を受けている。

 この「リ・ジョイスシステム」は、熊本大学の前田教授・蛯原教授の指導を受け、生鮮の冷凍・解凍時に電場をかけることにより、細胞破壊のない高品質の凍結・解凍を実現している。なお、このシステムは、例えば、鮮魚の場合、産地で捌いて凍結・輸送し、消費地で解凍すれば、消費地(大都市部)で食物残渣を出さないというゴミ対策にも一役買うシステムといえる。

 なお、当社は阪神・淡路大震災の被災を乗り越え、卓越した独自技術を活かした自社商品により企業再生を果したことを評価され、平成15年度「ひょうごフェニックス賞」を受賞している。
「り・ジョイス凍結システム」

支援内容
 成長を促進させる支援として、[1]マネージャーによる指導助言に基づき、[2]「リ・ジョイスシステム」の販路開拓のための市場戦略構築事業(マーケティング調査による製品の販売戦略の提案)、[3]専門家派遣事業(販売戦略の実践のための専門家の指導助言)、[4]マーケティング・ナビゲート事業(登録したマーケティング・ナビゲーターが販売先を紹介等)を行った。

企業者の声
代表取締役
赤澤智氏
 ひょうご産業活性化センターの“中小企業支援ネット”元気企業に認定されて、マネージャーの指導、マーケティング調査や専門家派遣によるアドバイスを受けている。当社の凍結装置・解凍装置は業界では順調に知名度が高まり、「リ・ジョイス凍結・解凍システム」は鮮魚業界では順調に販売実績が向上していきている。今後も“中小企業支援ネット”の支援メニューを大いに活用していきたい。

担当者の声
 赤澤社長様とは、神戸商工会議所“起業家の会”からの長いご縁である。同社は高電場を利用した凍結装置・解凍装置の製造販売を主要事業として、さらに高電場技術を新規分野に応用した“地域産材の乾燥における高品質化技術の開発”を先進的中小企業新分野進出支援事業に認定されて木材乾燥装置の開発に成功している。また中小企業支援ネットひょうご、熊本大学と産官学の連携が完成されてきている。

企業基本データ
代表 代表取締役 赤澤 智
住所 神戸市東灘区本山北町2丁目7-6 サンメゾン藤森101
電話 078-411-3831(FAX.078-411-3858)
e-mail info@alphasystem-kobe.co.jp
URL http://www.alphasystem-kobe.co.jp
従業員 5名(他、パート名)
業種 食品加工機械製造販売
主要製品 高電場を利用した凍結装置・解凍装置の製造販売、「リ・ジョイス凍結システム」「リ・ジョイス解凍システム」「リ・ジョイス輸送システム」「リ・ジョイス鮮度保持システム」