HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
時代が求めた第2世代WEBサイト!
株式会社シースカイ 平成17年
企業概要
 当社は、自らも阪神・淡路大震災の被災者である社長が、被災者に対するボランティア経験から、防衛庁を退職し、平成11年8月、他社を支援する仕事を中心にそれに付随する卸小売を目的とする会社を神戸で設立した。その後、兵庫県商工会連合会主催の創業塾、兵庫県ベンチャーカレッジなどで経営ノウハウを学び、平成15年12月、ブロードバンド情報・広告専門サイト『Web!ts』事業を開始し、資本金を3,000万円に増資した。さらに、平成16年8月、新産業創造キャピタル(NECCS)投資を受け、資本金9,900万円に増資するとともに、12月に東京営業所を開設した。

 当社の中核をなすブロードバンド動画情報・広告サイト『Web!ts』は、広告主の求める宣伝効果を高めるため、[1]「静止画」にない臨場感のある「動画」を安価に提供するビジネスモデル、[2]ユーザーの誘導のため、大規模会員組織や全国タウン誌との連携、[3]一つのサイトを見た後に、簡単に他のサイトにリンクできる仕組み("ボトムアップ型サイト"としてウエビッツサイト内で相互にヒット数を上げる機能)等々を組み合わせている。なお、平成17年、阪神・淡路大震災から10周年の年震災対策技術展では、安価な機材と自社サーバーで、横浜と神戸を繋いだインターネット中継が注目を集めた。当社はこのシステムを災害時だけでなく、平常時も提供する新たな事業展開を進めている。(ブロードバンド動画情報・広告サイト『Web!ts』はWeb Information Technology Siteの略です。)
Web!ts画面2
 
Web!ts画面1

支援内容
 平成16年に、当社のブロードバンド動画情報・広告サイト『Web!ts』の新規性と成長性を認め、「中小企業支援ネットひょうご」の元気企業として選定した。そこで、成長を促進させる支援として、[1](財)ひょうご中小企業活性化センター(現:(財)ひょうご産業活性化センター)から、新産業創造キャピタル(NECCS)の投資を行い、さらに、[2]マネージャーによる指導助言に基づき、[3]「ブロードバンド動画情報・広告サイト『Web!ts』」の販路拡大のための専門家派遣と[4]マーケティング・ナビゲート事業(企業OB等の登録ナビゲーターによる販売先企業の紹介)を行った。また、[5]事業拡大に伴う資金需要に対して成長期待企業貸付(県制度融資)への推薦を行なった。

企業者の声
代表取締役
岡 二郎氏 
 元気企業として複合支援(NECCSの投資、マーケティング・ナビゲート事業、マネージャーのアドバイス等)の決定をいただき、その支援を『Web!ts』の事業拡大に最大限生かし、東京進出もでき、感謝しています。

担当者の声
 卓越したビジネスモデルと社長の人脈を生かして、着実な成長を続けている。社長のリーダーシップの下、支援事業に対する理解と協力体制があり、支援の効果が期待できる。

企業基本データ
代表 代表取締役 岡 二郎
住所 兵庫県神戸市中央区浜辺通5-1-14 神戸貿易センタービル21F
電話 078-262-7270(FAX.078-262-7271)
e-mail info@seasky-jp.com
URL http://www.seasky-jp.com
従業員 15名(他、パート)
業種 ブロードバンド動画情報・広告専門サイト『Web!ts』の運営およびコンテンツ制作
主要製品 広告専門サイト『Web!ts』の運営およびコンテンツ制作ブロードバンド動画情報・広告サイト(『Web!ts』はWeb Information Technology Siteの略です。)

提携に関する情報
 http://www.webits.tv(ブロードバンド動画情報サイト「Web!ts」)