HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
建築構造物を元から守るオンリーワン工法で先端を行く
株式会社今井美装店 平成17年
企業概要
 1968年5月創業、1992年6月に資本金1千万円で株式会社となり、主に建築構造物等の塗膜剥離工事および特殊洗浄工事を行なっている。その工法は、特殊軟化剤と高圧洗浄機を併用した外壁塗膜剥離工法(IMI工法)[特許第3602937号]で、今井社長が発明した。大阪の中之島中央公会堂や水晶橋の改修などで、すでに多くの実績を上げている。

 高度成長期に建てられた多くの建物が経年劣化を起こし始めている現在、建物の保全、メンテナンスは重要な課題である。改修工事においては、新塗膜の塗膜性能を確保・向上するために、下地処理として既存塗膜劣化部分の完全な除去や洗浄が求められる。しかし、従来の方法では、工程に多くの手間を要するとともに、騒音や粉塵公害といった問題を抱えていおり、効果・工期・コスト・環境面等で決定的な工法が待たれていた。

 当社のIMI工法は、低騒音・低振動で、下地を傷めることなく既存塗膜を剥離し、その速度も速い。環境保全に対応した、社会資本の延命化にも寄与する、高効率でグレードの高い剥離洗浄システムとして期待されている。

 今後は、洗浄機器の燃費・防音性能や剥離剤の環境対応性能を技術的により一層向上する一方で、自社施工体制から進んでパートナー体制をとる新ビジネスモデルへの移行を企図している。
既存塗膜剥離作業状況
 
当社施工物件
「大阪中央公会堂」

支援内容
 当社の高圧水洗工法(IMI工法)による外壁塗膜剥離・洗浄事業は、2004年3月、大阪府中小企業支援センターの事業可能性評価事業「テイクオフ大阪21」に認定された。

 社長のバイタリティーとアイデア・技術力のもと、プロジェクトは引合いも増え順調に進展し、IMI工法による事業をテイクオフさせるために、認定事業者の特典であるアドバイザーの長期派遣制度を活用し、ビジネスモデルの見直しから社内管理体制の確立まで、社内プロジェクトを発足して取り組んだ。

 現在はアドバイザー派遣期間を更に延長し、計画と実績の差異分析など、多岐にわたって支援している。

企業者の声
代表取締役
今井宗一氏
 IMI工法(特許工法)のビジネスモデルを全国展開するため、各地区にフォーラムを構築するなど頑張っている。支援センターの担当者が毎月来社していただき、適切なアドバイスやフローチャートの作成助言等により、経営戦略の整理ができるようになって、大変、助かっています。

担当者の声
サブマネージャー
山下奉之氏
 IMI工法による事業が「テイクオフ大阪21」に認定され、PR活動に多いに役立ったと報告いただきました。認定事業者間の交流会にも参加され、活発に活動されています。

企業基本データ
代表 代表取締役 今井宗一
住所 大阪府松原市別所5丁目6番7号
電話 072-336-2810
e-mail imi@skyblue.ocn.ne.jp
URL http://www.kansai.ne.jp/imi/
従業員 10名
業種 建設業
主要製品 外壁吹付材の高圧温水剥離洗浄工事、外壁構造物の特殊洗浄工事、給排水管および特殊機器洗浄