HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
素材を厳選した、無添加の安心を食卓にお届けする“地域の台所”
お惣菜の店「さかな」 平成17年
企業概要
 太田垣代表が目指すのは、原料にこだわりを持ち、健康や体への安心・安全を明確にし、「できたて感」「手作り感」のある惣菜を「豊富に」「安く」提供できる、郊外型の惣菜店のチェーン展開である。

 開業から3年を経過し、この間、人材の育成、商品力の強化、売上拡大などで「創業の大変さ(生みの苦しみ)」を体験した。また、「継続は力なり」という言葉どおり、創業3年程度までで夢をあきらめる創業者が実に多いことも目の当たりにした。

 そのなかで、創業当初から一気に展開しようとの試みは無謀だと知り、着実に一歩一歩自分の周りを固めていくことの大切さを学び、たくさんの課題に一つ一つ道筋をつけてきた。そのお蔭で、今期については売上が前期の3割アップ、利益率も8%アップと改善され、事業は軌道に乗りつつある。

 今後の展開としては、現在の店舗を「コア店舗」として、その周辺に「サテライト店舗」を数店舗構える予定で、現状では既に3店舗を展開中である。「サテライト店舗」は投資を極限まで控えた軽量店舗となっている。そして、その延長線上には新しい形態のFC(フランチャイズ)展開「パートナーFC」も視野に入れている。
店内風景

支援内容
 大阪府中小企業支援センターの事業可能性評価事業「テイクオフ大阪21」申請後、支援センター担当マネージャーのアドバイスで創業、ビジネスプランのブラッシュアップを図り、その後、平成14年6月にテイクオフ大阪21に認定された。

 これを受けて、資金調達、並びに、販売促進について、次の支援を実施した

 1.資金調達について、大阪府制度融資「新事業起業家支援資金」を利用し、設備資金等に充当した。

 2.販売関係について、アドバイザー派遣制度を活用して、[1]知名度向上および顧客誘引を図るチラシ等の具体化、[2]店舗レイアウトの改善、[3]出張販売の展開、[4]POP(売り場での宣伝広告)等によるインストア・プロモーションの促進などについて助言を受けた。

 その他、支援センターの担当マネージャーとの連絡を密にして、発生する問題に対し適時アドバイスを行ない、事業の円滑なスタート、特に一般に難しいと言われている創業時の売上確保を後押しした。

企業者の声
代表
太田垣公昭氏
 支援センターからの定期的な情報提供が役に立ちます。また、アドバイザー派遣は、自分の課題を明確にできていれば大変有効なアドバイスをいただけます。随分アドバイザーには相談にのっていただきました。これからも、その都度、利用したいと考えています。

担当者の声
サブマネージャー
木野惠一氏
 安心・安全をキーワードにお客様の前で調理し、でき立て・手作り惣菜を提供することが、地域で受け入れられています。

 売上拡大策の多店舗化については、現状に沿って手を加え、サテライト手法による店舗展開を図っています。

 今後も、代表である太田垣さんの情熱で、事業のさらなる成長が期待できます。

企業基本データ
代表 代表 太田垣公昭
住所 大阪府茨木市元町1番7号
電話 0726-31-2800
e-mail ootagaki@star.ocn.ne.jp
URL
従業員 8名
業種 食料品小売業
主要製品 惣菜、弁当