HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
家具デザイナー発オリジナル・オーダー家具をクリック&モルタルで販売
adoria company 平成17年
企業概要
 代表の岩田さんは、建築・内装の修業を経た後の数社の家具メーカー勤務の中で、技術とデザインのノウハウを16年間習得してこられた。同時に、家具・インテリア業界が、製造の多くの部分を近隣アジア諸国に頼って、国内の生産力を減少させていること、また、健康や環境に対する取り組みが遅れていたり、複雑な流通で価格が高騰するといった問題を抱えていることに、危機感を抱いていた。

 そこで、家具メーカーとしていい製品を作りたいという熱意のもと、現代のライフスタイルにフィットする、デザイン事務所発の革新的な家具メーカーとして、自らの想いを実現すべく開業を決意した。独自デザインのソファ・木工家具等を開発し、“ライフスタイルをデザインするネットショップ”も立ち上げ、Webサイト(クリック)と提携先リアルショップ(モルタル)の両方に展示している。

 ユーザーに素材・色などを自由に選んでいただき、サイズ(幅・高さ・奥行など)も1センチメートル単位でオーダーできるシステムと、購入者の希望する設置場所へ設置して満足を確認していただくまでの配送サービスが、消費者と同業者の間で評判を呼んでいる。

 現在、事務所を堺商工会議所に隣接している「さかい新事業創造センター」というインキュベーション施設におき、創業期の仲間同士の刺激をうけながら頑張っている。創業2年目に入って、これまでの成果が少しずつ現われており、今後の成長が期待される。
オリジナルソファの一例

支援内容
 平成16年8月に、大阪府中小企業支援センターの事業可能性評価事業「テイクオフ大阪21」の認定をうけ、創業バックアップ奨励金の交付も受け、同年9月開業された。

 その後、専門家によるアドバイザー派遣制度を利用し、
・弁理士による商標登録に関するアドバイス
・家具業界に精通したコンサルタントによる、マーケティング・営業に関するアドバイスを受け、ノウハウを吸収された。

 また、実際に商品をおいてもらえるショップへのアプローチ、あるいは、商品を取り上げてくれるメディアやイベント探しに応えるため、「マガジンMYDOME」(大阪産業振興機構発行)の特集記事で取り上げたり、異業種交流のマッチングイベントに参加してもらうなど、事業のPRにも協力した。

企業者の声
代表
岩田浩司氏
 製品はメーカーの命。奨励金をいただいたことで、初期製品開発がスムーズに行なえました。それに加え、不得意だったマーケティングなども、支援センターの方々やアドバイザーの方々のご支援があって、ここまで来れたと感謝しています。

担当者の声
サブマネージャー
北口祐規子氏
 岩田さんは、家具メーカーとして、そしてデザイナーとして、良いものを作りたいという気持ちがストレートに伝わってくる気持ちのいい方です。

 2年目に入って、提携先や販路が少しずつ拡がってきており、これからが大いに楽しみです。

企業基本データ
代表 代表 岩田浩司
住所 大阪府堺市長曾根町130番42号 さかい新事業創造センター3F
電話 072-255-4811
e-mail office@adoria.jp
URL http://adoria.jp/
従業員 2名
業種 家具製造業
主要製品 オリジナル家具(ソファ、テーブル)、インテリア雑貨

提携に関する情報
 オリジナル家具を、触れて見て買えるサービスを提供するための、提携先を求めています。

 アパレルやインテリア業界の垣根を越えて、異業種ショップへもオリジナル家具の提案をさせていただきます。