HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
スピンアウトで鉛に関する技術コンサルティングを企業化し、環境と健康に貢献!
ソルダーソリューション株式会社 平成17年
企業概要
 1965年に三洋電機(株)中央研究所に入社後、主に電子材料を開発する際の材料解析の業務に従事しました。その後の異動先で1995年から鉛フリーはんだの開発に着手しました。この間、(旧)通産省の鉛フリーはんだの共同研究、工業会の鉛フリー共同実験に参画しました。これらの経験とスキルを生かして三洋電機を早期退職し、2005年10月にソルダーソリューション(株)の設立に至りました。

 事業内容は、家電・通信機器・産業機器の業界で鉛フリーはんだ実装を導入する際のトータルソリューション事業を展開しています。具体的には、[1]教育事業(セミナー開催、実装現場指導)、[2]各種信頼性試験事業(温度サイクル試験、高温高湿試験etc.、[3]故障解析事業(SEM,EPMA,XDetc.)、[4]実装条件評価基板の販売、[5]関連機器販売事業(外観検査機、はんだコテ)です。

 自らの技術には自信を持っていましたが、創業時にお客様リストがないことは致命的でした。しかしながら、環境問題に対する規制強化も追い風となり、多くの方々からお客様を紹介いただき、初年度としては順調に推移しています。同じテイクオフ大阪21の認定事業者である(有)E.M.S.と評価用基板を共同開発し、連携して営業活動を展開できるようになり、事業拡大のチャンスが広がっています。
はんだ接合部
リフト・オフ現象

支援内容
 技術を確立した後、それを事業に結びつけようとしていた山下社長に専門のアドバイザーを紹介し、事業計画の作成について指導助言を行い、大阪府中小企業支援センターの事業可能性評価事業である「テイクオフ大阪21」の申請にこぎつけられました。

 併せて会社設立についても、その分野で経験豊富な専門アドバイザーを紹介し有効に活用されました。そして、2004年2月、「テイクオフ大阪21」に認定され、これに伴って交付された創業バックアップ奨励金は創業時期の大きな後押しになりました。

 創業後は、認知度を高めるために、大阪府内はもとより全国規模の各種展示会・ビジネスマッチングへの参加の呼びかけ、新聞・雑誌等メディアへの紹介を行っています。また、前述のとおり、認定企業同士のマッチング紹介がスムースに行き、(有)E.M.S.との共同開発が実を結び、実用新案の登録申請に至っています。

 今後は、事業の進展に伴って資金調達が課題となることが考えられ、融資面においても支援相談を進める方針です。

企業者の声
代表取締役
山下茂樹氏
 創業に向けて、専門アドバイザーからの指導を得て事業計画をまとめ、株式会社設立準備をスムースに進めることができました。創業後はビジネスマッチングや展示会の紹介も積極的に利用しており、今後は海外も含め販路拡大を目指したいと考えています。

担当者の声
サブマネージャー
大場 勝氏
 認定は強い自信となり、バックアップ奨励金はとても感謝されました。認定後も支援センターにたびたび足を運ばれ、タイムリーに各種制度や紹介情報を前向きに活用されて順調に事業を展開されています。

企業基本データ
代表 代表取締役 山下茂樹
住所 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1丁目17番5号 スチュディオ新大阪1109
電話 06-6326-6222
e-mail handa1965@celery.ocn.ne.jp
URL http://www.solder-solution.co.jp
従業員 1名
業種 技術コンサルティング
主要製品 鉛フリーはんだ実装を導入する際のトータルソリューション事業