HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
造り酒屋の伝統を守りつつ、新酒開発により市場開拓を進める
梅乃宿酒造株式会社 平成17年
企業概要
 明治26年創業の、100年を越える歴史を持つ酒造メーカー。小さな蔵のこだわりを誇りに、いたずらに生産量に走らず、“懐の深い旨口の酒”を作り続けている。高精白した山田錦等の酒造好適米に葛城山系の良質の伏流水を用い、南部流の技で醸す味はお客様に高い評価を得ている。

 地酒ブームのお陰もあって当社へも全国から関心が寄せられているが、近年は消費者の嗜好の変化やワイン、焼酎ブームなどの影響もあり、日本酒業界を取り巻く経営環境は厳しくなってきている。そこで、日本酒の良さを見直してもらうため、付加価値を加えた新しい日本酒を創案し、次々に世に出した。

 これまでに開発した、茶・苺・梅・ブルーベリーといった奈良県産の素材にこだわった4種類の日本酒ベースリキュールと発砲日本酒は、普段日本酒を飲まない消費者の方にも受け入れられ、新たな市場の開拓に成功している。また、酒醸造工程の中で発生する酒粕などの副産物を活かし、オリジナルの奈良漬やジャムなど、お酒をキーワードにしたユニークな商品も作り出している。

 このほど、酒粕を原料とする焼酎づくりのために、製造設備を増強した。今後も、伝統的な酒造りと、新しいモノづくりへの挑戦を続け、日本酒の魅力を引き出して行きたいとの思いが強い。
同社が開発した新商品の数々

支援内容
 小規模事業者設備資金制度(リース)を活用し、真空減圧蒸留装置、および、密閉タンクを導入した。

 日本酒醸造工程で出る「ぬか」と「酒粕」を利用した焼酎を製造するためのもので、瓶かん器を増設し、製品加工時間の短縮が図られた。

企業者の声
代表取締役
吉田 暁氏
 焼酎製造設備導入のため設備資金制度のリースを活用しました。今回リースを活用することで、資金繰りが非常に楽になりました。

 現在、梅酒・焼酎製造を手がけたことで日本酒の季節性をカバーし、年間を通じて売上安定に貢献しています。

 また、安定・継続的な製造を行なうことで、労働力の平準化と職人の酒造りに対する意識改革が図れ、当社の品質・販売力強化に繋がっています。

担当者の声
 当社は、現代人の趣味・嗜好を分析し、新しい日本酒を提案されている革新的な酒蔵です。当センターの支援制度を有効活用していただき、引き続き新しい商品を生み出されることを期待しております。

企業基本データ
代表 代表取締役 吉田 暁
住所 奈良県葛城市東室27
電話 0745-69-2121
e-mail info@umenoyado.com
URL http://www.umenoyado.com/
従業員 21名
業種 清酒製造販売業
主要製品 清酒、焼酎、リキュール酒、梅酒