HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
豆腐本来のうまさを追究し続ける〜豆腐の匠〜
有限会社近藤豆腐店 平成17年
企業概要
 豆腐本来のうまさを追求し、お客様の信頼に応えるため、日々地道な努力を続けている、地元で評判の豆腐店である。厳選した国産大豆と伊豆大島産海精にがりを使用し、「豆腐の品質を第一」に手間暇を惜しまず製造している。原材料の産地、質、保管方法へのこだわりはもとより、豆腐本来の味を感じてもらいたいとの思いから、その日に製造したものをその日限りで即日販売している。

 先般、西大寺・富雄の直営店舗のほか、江戸時代から続く商家を改装した料亭「奈良町豆腐庵こんどう」を開店した。豆腐をメインとした料理コースを複数用意し、お客様に豆腐の味をあらゆる角度から感じていただくと共に、お客さまのニーズを吸収しては、新たな商品づくりに活かしている。

 このほど、当社の豆腐に寄せられる消費者の好評を反映して、大型量販店からの受注も増えており、生産設備を増設した。今後も、お客様のニーズを新たな商品づくりの糧として、「良いものを安く」をモットーに、「豆腐本来のうまさ」を安定して食卓にお届けする決意が込められている。
奈良県天理市にある店舗
 
国産大豆にこだわった商品の数々

支援内容
 大型量販店よりの受注に応えるため、生産設備を増設するにあたり、小規模事業者設備資金制度(設備貸付)を活用し、対象設備額の半分の貸付を行なった。

 これにより、食品業界においてはもっとも肝心な、特に衛生面・品質面の維持向上に重点をおいた設備の増強が図られた。

企業者の声
代表取締役
近藤芳嗣氏
 今回の設備計画は、受注増に伴う拡大ではありますが、衛生面を配慮した機器が主流を占めており、質的向上を目指したものともいえる投資です。長期償還・無利子が特徴の本制度を効果的に活用しました。

担当者の声
 地道な努力により「豆腐と言えば近藤」と呼ばれる程、地元では認知されている企業です。食品製造業にとっては衛生面などへの投資は必要不可欠です。今回の設備導入により更なる成長が期待されます。

企業基本データ
代表 代表取締役 近藤芳嗣
住所 奈良県天理市富堂町218-7
電話 0743-63-6662
e-mail kondou_touhuten@nifty.com
URL http://www.kondou-touhu.co.jp/
従業員 31名
業種 食品製造業
主要製品 豆腐(木綿・絹)、おぼろ豆腐、豆乳、厚揚げ、薄揚げ、ひろうす、揚げ出し豆腐