HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
手延べ素麺を素にインスタント麺を開発し、従来製品の弱点を克服!
株式会社坂利製麺所 平成17年
企業概要
 当社は、地元特産の吉野葛と国産小麦粉にこだわり、安全かつ良質な製品づくりを行っています。ただ当社の主力製品である「手延素麺」は季節性が高く、需要が夏期に集中するため、夏期以外の需要落ち込みが創業以来の課題でありました。

 そこで、季節に左右されず、安定的に供給できる製品開発を目指し、試行錯誤を重ねた結果、手延素麺をベースとするインスタント麺「喜養麺」を開発しました。この麺は、ノンフライ麺で麺を湯がいたあとフリーズドライ処理していることが特徴です。スープも人工調味料ではなくアゴダシ、昆布、カツオなどをベースに作っており、体にやさしい製品に仕上げています。この「喜養麺」は、健康志向のお客様のニーズを捉らえ当初の予想を遙かに上回る売上げを見せています。

 また、今回その「喜養麺」を基に開発した姉妹品「鳥菜にゅう麺」を新たに販売します。

 これは冬の時期に素麺作りの傍ら、素麺職人が家庭の「まかない」として食べていたにゅう麺調理方法を参考にしたものです。「喜養麺」と同じベースのダシに旬の野菜や鳥ベースの具材を入れ、ゴボウを隠し味に柚子で風味付けをしています。

 この麺は当社のこだわりである自然食材をふんだんに使用しています。「喜養麺」と同じく低カロリ−で消化も良い製品ですのでぜひご賞味ください。今後も「吉野発」という地域発信をテーマに自然素材を活かした新製品の開発に取り組んでいきたいと思います。
インスタント素麺
「喜養麺」

新たに開発した姉妹品
「鳥菜にゅう麺」

支援内容
 (1)総合相談・アドバイス
経営革新計画作成についてアドバイスの実施

企業者の声
専務取締役
坂口良子氏
 起業して以来、ただ目前にある仕事を全力でこなしてきました。そこには企業としてのビジョンがなく、いわゆる職人気質な経営をしてきたといえるかもしれません。経営革新計画を作成するにあたり、数年先までの計画を立てたことで、計画性を持つことの重要さが理解でき、企業経営者として勉強になりました。

担当者の声
 同社は、従来より自然素材の良さを引き出すことにこだわりを見せています。

 また、トレーサビリティー、金属探知器などをいち早く導入し、品質管理体制を強化しています。

 安全かつより良い物を提供したいという理念を積極的に実践されている姿勢には頭が下がる思いです。当支援センターとしても様々な形で情報提供や支援を行い、同社の飛躍に貢献したいと考えています。

企業基本データ
代表 代表取締役 坂口勝美
住所 奈良県吉野郡東吉野村大字瀧野507
電話 0743-67-0129
e-mail
URL http://sakari.biz/
従業員 20名
業種 食品製造
主要製品 国産小麦手延素麺・喜養麺・・葛うどん・葛そうめん