HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
機能的で履きごこち満点の、新しい五本指靴下を開発中
有限会社巽繊維工業所 平成17年
企業概要
 当社は、昭和3年の創業以来、靴下全般と繊維製品のOEM(相手先ブランド生産)を中心に事業を行なってきた。近年、海外より流入する安価な製品との競争を優位にするために、企画提案型企業としての地位を確立し、OEM生産(下請け)からの脱却を模索し続けてきた。

 その過程で、『価格面に対するこだわりだけでなく、健康・ダイエットを志向する』消費者ニーズが生まれてきたことに気づき、価格以外に品質・機能等の付加価値を認めてくれる消費者をターゲットとし、自主生産へと企業形態の転換を図ってきた。

 そこで、平成16年度より「健康」「環境」「福祉」「安心・安全」「趣味」「癒し」の6つをテーマに掲げて、新商品開発を開始した。すでに、綿100%のリサイクルコットンを使用した「スカイラインリサイクルソックス」、高齢者用や義手・義足用もカバーした「ユニバーサルデザインソックス」などを市場に出している。

 中でも注目されているのが「5本指ソックス」。足の指を自由に動かせ、足元を確かにし、運動機能を高め、足の抹消血管の血行を良くし、外反母趾の痛みを軽減するなどの効用が見られる。一般消費者のみならず、健康関連・スポーツ関連などの企業からも引き合いがきている。

 現在、“靴下工場直行便”をタイトルとするホームページを開設し、インターネットを介した自社製品の販売にも力を入れている。
各部でゴム圧を変化させ血行促進を図った五本指靴下

支援内容
 (1)奈良県実用化・製品化研究開発調査事業
奈良県の重点研究開発分野として位置づけている「ライフサイエンス」「環境」「ものづくり」「IT」関連分野における新産業創出を図るため、県内の産業界・大学・試験研究機関等が連携して調査研究グループを構成し、活性化に資する新製品・新技術の実用化・製品化に関する実現可能性について調査研究することを目的としている。当社の新商品開発にあたり、段階的に圧迫力を変化させた五本指靴下で全身の血行を促進させる調査研究を、「産」「研」「学」の共同グループに委託した。

 (2)専門家派遣
ISO9001(品質マネジメント規格)およびISO14001(環境マネジメント規格)の同時認証取得に向け、当支援センターの登録専門家を派遣し、現場において認証取得のための診断・助言を行なった。

 (3)相談・アドバイス
自社ブランドの確立と新たな販路・市場開拓をメインテーマとし、中小企業経営革新支援法にもとづく経営革新計画の承認に向け助言を行ない、平成16年12月の認定に結びついた。

企業者の声
代表取締役
巽 亮滋氏
 産研学連携での新商品開発や経営革新計画の承認取得まで、いろいろご指導いただきました。開発した新商品の評判も上々で、商談も順調に進んでおり、2006年春には健康関連産業様とスポ−ツメ−カ−様での商品展開が具体的になってきました。

 現在は、社内体制確立・ISO認定取得に向け専門家を派遣いただき、全社員が一団となって取り組んでいます。今後も支援センタ−の支援制度を有効活用し、企業活動や経営改善活動の努力を微力ながら行なっていきます。

担当者の声
 当支援センターが主催するセミナーなどにも積極的に参加し、情報収集を図られています。当支援センターの支援事業も活用しながら意欲的に企業努力を積み重ねられており、今後の活躍に期待しています。

企業基本データ
代表 代表取締役 巽 亮滋
住所 奈良県橿原市中曽司町76
電話 0744-25-5229
e-mail info@choku.co.jp
URL http://www.choku.co.jp
従業員 30名
業種 繊維製品製造販売業、書籍販売業
主要製品 靴下全般(紳士・婦人・子供・スポーツ)五本指靴下・足袋型靴下・関節サポーター・手袋・腹巻・健康肌着・アイデア商品・書籍販売