HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
82歳のおじいちゃん奮闘・・・アロエ健康食品で創業
アロエ健康長寿園 平成17年
企業概要
 代表者とアロエとの出会いは、今から40年程前、兄がガンで亡くなったことがきっかけで、ガン予防に良いといわれるものを手当たり次第に試したことに始まる。いろいろ試すうち、アロエ酒を飲むと体調が良いことに気づき、以来40年にわたって飲み続け、代表者自身健康を維持している。

 この健康を多くの人と分かち合いたく、3年前に通販会社を通じてアロエ酒の販売を試みたが上手く行かず、高齢ということで周囲からの反対もあり、中断していた。しかし、今年に入り、支援センターのことを知り、起業熱が再燃。デザイン専門大学へ通う孫や支援センターのアドバイザーの後押しを受け、平成17年8月より本格的に事業を開始することになった。

 当社の商品は、アロエにこだわり、鹿児島の契約農家で栽培したもののみを使用している。現在、茶、菓子、シロップなど5品目の健康食品を完成させ、インターネットも活用した通信販売を含め本格的に販売している。
萩原氏をモチーフにしたシンボルキャラクター
(デザイン学生上杉さん、畑中さん作)

支援内容
 支援センターが毎週実施している「デザインマーケティング相談室」に足しげく通う、萩原代表のお人柄に着目し、当社のデザイン・マーケテイングを中心にアドバイスを実施した。

 商品コンセプト、ネーミングなどにつき、82歳の代表者のキャラクターを前面に押し出し、産学連携で、デザイン学校生におじいちゃんキャラクターを制作してもらい、パッケージやホームページに表示展開した。

 また、マスコミ広報活動を中心にPR活動をすると同時に、販売拠点である奈良市内のお土産物店を中心に、お菓子の販売店での実演販売を支援した。

企業者の声
代表者
萩原春夫氏
 長男夫婦が経営する婦人服縫製業も中国市場の影響を受けて業況厳しく、自分も82歳という高齢者となり、将来の不安の中で悶々と日々を過ごしていましたが、幸い孫の応援を得て元気を取り戻しました。「もう一度チャンスを・・・」と念願していた丁度その時、支援センターに出会い、相談室に通いました。

 アロエは健康によく、楽しく味わって欲しい。今回、多くの人たちが私のために動いていただいたことに感謝し、100歳まで現役で頑張りたいと思います。

担当者の声
 高齢社会到来の中で、逞しく自立し、意欲的に生きるおじいちゃんの情熱に感動しました。親身になってお手伝いができたことを実感しています。ぜひおじいちゃんが元気で長生きして活躍していっていただけるよう、今後も支援していきたいと考えています。

企業基本データ
代表 代表者 萩原春夫
住所 奈良県奈良市川上町88-6
電話 0742-22-6088
e-mail
URL http://www.npo-gms.com/aroe/index.html
従業員 1名
業種 食品製造業
主要製品 アロエ酒用乾燥アロエ、純アロエ茶、アロエ玉露御菓子、アロ・ニン&オニオン粒、濃縮シロップ「ザ・アロエレモン」