HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
女性のためのカーショップから、女性と車文化のモールづくりを目指す
株式会社フレンド 平成17年
企業概要
 当社は、軽自動車(特に新古車)を主力商品として取り扱うため、メインユーザーである女性(20〜50代)をターゲットに絞っている。創業3年目にして、県内に4店舗を出店するなど、順調な事業展開を遂げている。

 まだまだ男性色の強い「車業界」には、女性好みの商品の品揃えや、女性が求めるきめの細かいサービス、情報提供が不足している。これらの不満を解消し、車選びの際の相談やアフターケアなどのサービスに応え、女性ユーザーが満足できるお店づくりをすることを企業理念としている。

 車を購入した後、点検やオイル交換など、車を快適に維持していくためにはいろいろなメンテナンスが必要となるが、例えばオイル交換の際はガソリンスタンドなどで、何もすることがなく、待ち時間を無駄に過ごさなければならない・・・と想像しただけで、行くのが億劫になってしまう。

 当社では、車をお預かりしている間、フェイシャルエステルームでエステやネイルケアを受けられるので、1日中忙しい女性の大切な時間を有効に活用でき、また、疲れを癒すことができる。「車を買っていただいただけで終わるのではなく、車を通じて、お客様と末永いお付き合いができる」そのような企業を目指している。

 これからは、当社が進めてきた『女性のための時間創造(女性マーケティング)』を、女性の生活に関連する店同志による『地域密着の女性企業とのコラボレーション』に広げ、車文化と切り離せない「女性マーケット」をつつみこむモールを形成したいと意欲を燃やしている。
橿原店内
写真一覧

支援内容
 (1)起業家マッチングプラザ
起業家等に対する支援事業として実施している「やまと元気企業創出・育成事業」への参加に加え、平成15年11月に開催した『起業家マッチングプラザ』に参加され、マーケティングに関する専門家や県内の金融機関、ベンチャーキャピタルなどの支援によってビジネス展開の糸口を見出した。また、奈良をはじめ関西圏で活動するNPO(特定非営利活動)法人『チャレンジ企業支援隊』(理事長・成田欽史郎)からも経営ノウハウやマーケティング、広報宣伝活動に関する支援を得ている。

 (2)専門家派遣事業
当支援センターの登録専門家を派遣し、メインユーザーの女性にいかにして当社をアピールしていくかについて支援した。企業イメージ分析から始め、広告や店舗のレイアウト、イベント企画などへの取り組み方法についてアドバイスした。

企業者の声
 日常こんなに利用されている軽自動車の市場も、現実は男性主導で、主婦はなかなか店舗には入りづらいのが現実です。しかし、利用者の実態は70%以上の方が主婦を中心とした女性です。そこで、安心して女性に利用していただける店として、更にはもっと踏み込んで女性マーケットとして地域密着で拡大できないものかと企画しましたが、周囲からはなかなか賛同を得られませんでした。

 そんな中で、奈良県中小企業支援センターへご相談した結果、「マッチングプラザ」をはじめ、かずかずのアドバイスや応援をいただき、お陰さまで現在では、多くの女性客にご支持をいただいております。

担当者の声
 車を生活密着型の移動空間と捕らえた時に、女性のマーケットは限りなく拡大します。女性の生活と密着した隣接店同志が『女性マーケット』という共通のキーワードでコラボレーションの輪を広げ、緩やかな共通コンセプトのモールとしての可能性が広がります。若い社長の、市場に対する意気込みと、新鮮な物の見方は、きっと新しい時代をリードされるという息吹きを感じます。

企業基本データ
代表 代表取締役社長 西田 剛
住所 奈良県大和郡山市井戸野町105-1
電話 0743-58-1333
e-mail nishida@scarecrow.jp
URL http://www.friend-direct.co.jp/
従業員 22名
業種 自動車販売業
主要製品 新車・中古車・自動車部品