HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
生活の基本は「食」、食と農業を未来に向けて再構築する
株式会社グリーンウェーブ 平成17年
企業概要
 おから、米ぬか、魚のあらなど、今まで地域の中で邪魔モノ扱いされて利用されていない資源を活用した土壌活性材「アグリハート」を製造し、農家へ販売。また、それを利用して収穫された農産物や、その加工食品などのこだわり食品のネット販売事業を展開している。

 永福社長が創業したきっかけはご子息のアトピー。ある時、病院の先生に「子供にいいもの食べさせていますか」と聞かれた。病院の売店には「食」に関する本、無添加の商品や減農薬の野菜がずらり。興味を持ち、有機栽培で有名な和歌山の山本さんを紹介されて会いに行き、天地がひっくり返った。土地を見たら瓦礫。でも食べさせてもらったトマトがおいしくて、びっくりした。色々教えてもらうと面白くて、どんどんのめりこんでいった。当時は会社勤めだったが、生活の基本である食を支える農業や自然を、「ほんまもん」にこだわって広げていきたいと強く思うようになる。

 そこに、アトピーで学校を休んでいたご子息の一言が後押しした。「僕は本当は学校に行きたいんや。でもこの体で行けるわけないやろ。なんでこんな体に生んだんや」と泣きながら言われた。ものすごいショック。きつい一言。それが「結果として私の背中を強く押してくれた一言になりました」と振り返る。

 「最初は商売になるか不安でしたが、土壌活性材の基礎開発をされた山本さんから『本気でやるなら全面的に支援しよう』と言っていただいて決心。会社を辞めて1年間和歌山に勉強しに行きました」「滋賀県中を回り少しずつ農家の方とのつながりができ、勉強会を通して出会いの連続。その時その時出会った人から力をもらって今の会社があります」こう語る永福社長は、資源循環・環境保全型農業の広がりを目指し、「食」にこだわりを持った生産者と一緒になって「食と農」を再構築していくために活動している。
土壌活性材
「アグリハート」
写真一覧

支援内容
 平成14年に滋賀県産業支援プラザの「事業可能性評価委員会」からAランク評価を受け、知名度・信用度がアップ。翌年、滋賀県より「中小企業創造活動促進法」の認定も合わせて受け、マスコミ、パブリシティ等で大きな話題となった。びわ湖環境ビジネスメッセ等各種展示会への出展、テレビへの出演など、会社のPRや販路拡大等に役立つ情報提供の支援を行なった。

 また、米原SOHOビジネスオフィス入居中には、定期的にインキュベーションマネージャーが訪問し、販路拡大等各種支援を実施。退去後も、専門家派遣により事業内容や法務課題への取り組みを支援し、現在でも販路拡大等の支援を継続的に行なっている。

企業者の声
代表取締役
永福義光氏
 弊社の環境に配慮した特殊なアグリハート(土壌活性材)を使用して、安全・安心・美味しくて高付加価値の付いた商品を販売していくにあたり、創造法認定やAランク評価にトライしてビジネスプランをブラッシュアップさせ、専門家派遣で良きアドバイスをいただき、販路拡大に大きな効果を得ました。今後も弊社の商品を全国区にするために、プラザのご支援に更なる期待をしています。

担当者の声
馬場サポートマネージャー
 環境にも人にも優しいこだわり農作物を消費者に届けたいという情熱で事業展開されている。おから、米ぬか、魚のあらなどを原料とする独自の土壌活性剤を有機栽培農家に販売し、その成果物を買い取り注文販売体制で臨んでいる、ユニークな活動が期待を呼ぶ会社です。

企業基本データ
代表 代表取締役 永福義光
住所 滋賀県近江八幡市中村町523
電話 0748-33-5519
e-mail mail@Green-Wave.JP
URL http://green-wave.jp
従業員 2名
業種 土壌改良材製造販売業
主要製品 土壌活性材「アグリハート」