HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
地元の繊維でオリジナルデザインの商品づくり、夢は東京進出
マーシャ 平成17年
企業概要
 代表者自身、デザイナーとして、福井県主催のファッションショーに毎年参加してきたが、その度に東京のデザイナーが特別扱いされているのを感じてきた。「とにかく東京に出たい」との思いが強く、そのことが開業に至った一番の動機であった。

 「そのためにはどうしたらよいか」と考え、「1人では無理でも何人かで力を合わせれば実現できるのでは」と思い、福井県繊維協会にあるクリエーター協議会でいっしょに活動しているデザイナー2人に声を掛け、2年半前に「マーシャ」を結成した。

 資金面等を考え、「東京に出店したいがまずは福井から」ということで、福井新聞社の「風の杜」でファッションショーを行なった。その後「チャレンジショップ」に出店し、半年後に独立する時に同じクリエーター協議会のデザイナー2人に声を掛けた。

 平成16年6月の本格出店の際には、中心市街地の駅前の商店街か郊外のショッピングセンター内か迷ったが、娘がケーキ作りが好きだということもあり、また、ブテッィクとカフェが併設されていると楽しいお店になり、相乗効果もあるだろうと常々思っていたため、個性あるおしゃれな人が集まるのは中心市街地の駅前だとの考えから、現在の店舗を選定した。

 1階はブティックで、福井の若手デザイナーが福井の繊維で作るオリジナルブランドとして、県内で活動している5人のデザイナーのオリジナル作品を販売している。他にビーズアクセサリーや革小物も販売し、売れたらマージンをいただく委託販売の形式を取っている。2階が手作りケーキが自慢のカフェになっていて、独自のコラボレーション(共同・協力)効果を生んでいる。
店内風景

支援内容
 新規開業にあたり、「専門家派遣」などによって、ブティックとカフェを組み合わせたビジネスプランの作成、事業立ち上げに関する法的手続き、制度融資の紹介をはじめとする資金調達の支援など、開業にいたるまでの様々な段階での個別支援を実施した。

企業者の声
代表
吉田加代子氏
 開業する前にもいろいろ準備をしたつもりでしたが、開業してからも集客力を高めるためにどうすればよいかは常に課題でした。個別に指導をいただき一つ一つ取り組んでいくことで売り上げアップにつながりました。

担当者の声
 福井を代表する女性デザイナーが自ら立ち上げたブティックと、その娘さんが立ち上げたお洒落なカフェ、二人の夢とこだわりが詰まったお店です。二人のこだわりがどうしたらお客様に伝わるかを一緒に考えていきました。夢の実現をお手伝いすることに、真摯な気持ちに応えて取り組んでいます。

企業基本データ
代表 吉田加代子
住所 福井県福井市中央1-15-4
電話 0776-25-5800
e-mail
URL http://www.maachar.jp
従業員 2名
業種 衣料品小売業
主要製品 衣料品、アクセサリー、軽食喫茶